|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

私立聖蘭学園という名の変質集団


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ポーン。
この小説の登場人物は非常にキャラ暴走が多いため、
不快感を覚える方は即時退散してくだs「てめえのせいだろ!!!!」」
いきなり、全長一メートルはあろうかというハリセンでミカはサツキの頭を叩いた。
「痛いな・・・。
今、ミカの所為で脳細胞が三十万死んだ・・・。」
「ええい!黙れ。」
「そもそも、なんでハリセン?古くね?」
「突っ込みにはハリセンというステータスがあr「嘘つけ!!!」」
そして、通りがかりのエリがミカの頭を叩いた。
勿論、ハリセンで。
「痛い・・・。
ていうかなんであんたも持ってるの?」
「なぜなら、この学園の生徒にはいつでも突っ込みができるように、
ハリセンを常時持つことが義務ずけられているから。」
「「「どんな学校だよ!!!」」」
ミカとサツキと通りすがりのユウナはエリに突っ込んだ。
突っ込みに使用した物は勿論、ハリセン。
「はっ!俺はいったい何を・・・。」
「なんだかもう・・・。」
キーンコーンカーンコーン
「あああああ!!!予鈴DA☆」
「何の冗談?」
「あの予鈴はフェイントだってことにまだ気づかないとか、ないよね?」
「ええええええ!!!?フェイントなの???」
「気づいてなかった☆」
「でも、本物の予鈴まであと三十回は鳴るよね。」
「どんだけ~。」
「それ古い。」
「と言っても、早く行かないと遅刻扱いだね。」
四人は校舎に入った。

此処は私立聖蘭学園。
通称、馬鹿園。
偏差値はトップクラスの名門校なのに、
そんな事を言われる由縁があるのはこんな生徒が九割を占めるからだ。
しかも、この聖蘭学園は理事長の独断と偏見で作られたといっても過言ではないため、
変な所にこだわりがあるらしい。
この学校に近年まれに見る真面目さんが来る事を生徒はまだ知らない。