|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

第一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バサバサバサ・・・・
秀麗な少女の上に鞄の中の本が一気に落ちてきた。
銀の髪をした少女、サキア・アスティナ・シュ・アステカは目的地に着いた。
着いたのはいいのだが、そこはサキアにとって一生来るところではなかった。
教育都市サイアス。
一般の人々が勉学に勤しむ所だ。
ファミリーネームの後に付いた呼称がここに来るべきかを物語っている。
「(やれやれ・・・)」
ため息をつくと何事もなかったこのように身なりを直し、本を鞄に入れる。
こうして何事もなかったかのようにできるのも同じことが五、六回あったためだ
列車を降りると、列車は走り去ってしまった。
故郷の場所がここから遠く、話も突発的であったため、入学式ぎりぎりだ。
腕時計を見ると、時間がない。
「さて、行くか。」
サキアは自分の称号である大きい本を担いで、自分の荷物を持って校舎へ向かった。
゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜
数時間後、サキアはこの都市のリーダー的存在である、都市長の部屋に呼び出されていた。
この学校という組織のリーダー、生徒会長の部屋の前に。
心の中で何度自問自答したことか、何故、私はこんな所にいる?と。
呼び出されて行かないのは一番失礼だと思い、ノックする。
心の中の私がいませんようにいませんようにと祈っているが残念ながら、返事は返ってきた。
入っていいという返事が返ってきたため、入る。
室内はシンプルに作られているが、細々した物の作りが良い。
そして、椅子に座っている男の子が言った。
「君がこの学園に来るとは正直思わなかったよ。」
そう言った男の子を見る。
「はじめまして、サキア・アスティナさん。
私は生徒会長の六年生スーザン・ルウスだ」
「はぁ、はじめまして・・・」
イメージとは違う生徒会長に戸惑い、間抜けな返事をしてしまった。
「早速だが、呼び出した理由を教えよう」
「はい・・・」
「君、武術科に編入しないか?」
それを聞いた瞬間、サキアは平穏な生活はできないと覚悟しました。
思ったとおり、サキアはこの日を境に平穏な生活はできませんでした。