|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

-20-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

弱々しく微笑んだ要に
吉祥が唇を噛んだ


「穏っ…行くぞ」


涙を堪えて要に背を向けた吉祥
要に向き合い小さく息ついた


「ばーか」

『うんっ…バカだよ…ねぇ、俺どうなるの…?』

「しばらく…封印っつーとこだ」

『なんで…』


要の言葉を遮って静かに
言葉を紡いだ


「俺も吉祥も…お前の息の根止めれるほど、強くねーよ」

『っ…穏…』

「じゃぁ…またな」


幾百、幾千の年月を超え

またいつか、もう一度

あの頃みたいに

三人で笑え合えてた

懐かしい日々を

願いながら


『ゴメンね…ありがと…』

----------。

『御前!今日も来るのー?』

『お、旦那!久しぶりだねー』


華やぐ町に着物を着崩し
腰に三本の刀を差した
男が一人
町の大通りを歩いていた

町人たちの声に手を上げて答えながら
津神屋へ戻る


『あ、御前!お帰りなさいまし!』

「吉祥は…?」

『旦那様でしたら母家に』


嗅ぎなれた煙草の煙をたより
いつもの部屋へ戻る


「変わりなかったか」

「あぁ、いつも通りだ」

「そうか…」


開け放たれた障子の外に広がる
突き抜ける青空
風に乗ってやってくる穏やかな夏の香り

季節はもうじき-夏-


「なぁ、吉祥」

「ん?」

「久しぶりに出かけねぇか?」


何もなかったように

空は晴れ渡っていた




【ごきげんよう】