|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

-18-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あっははー…

なーんかこの光景知ってるぞ…

-------。

「十年ぶりくらいかな…?」

「まぁ、そうなるな。この十年何してやがった」


巨石から動かずクスクスと笑いながら
俺達を見下ろしている要


「あの後の事は覚えてないんだ。気づいたら、ここに居て、この姿と力を持ってた…」


巨石から降り、ゆっくり近づいてくる要
静かに吉祥が睡蓮を抜いた


「時々…力が暴走して店の数人やっちゃったけど…吉祥のおかげて…覚醒できた」


吉祥に向けて刀を向けて来た
要を寸前で受け止めた


「…ねぇ、穏。吉祥を庇ってると…俺、ヤっちゃうよ?」

「っ…」


ギリギリと火花が散る
なんつー馬鹿力っ…
十年前とは比べものにならない程の強い力


「穏っ!!」

「手ぇ出すな!!」

「わぉ、賢明な判断だねぇ…いい加減、吉祥を返してよ」


ニヤリ薄く笑い要は刀を横に振った


「っ!!」


寸前でかわすと首の皮膚が薄く切れた


「あー…いってぇ…」

「ははっ、十年前に肩貫いて以来だねぇ」


一度引いて、薄く笑う


「穏…無理すんな…」

「これくらい、平気だ」

「っ…お前が怪我すると医者代がかかんだよ!!」


あー…そっちッスか…
ちょっとカッコ良く行こうとしたのに転けただろうがっ!


「金かけんな馬鹿野郎!」

「はいはい、わかりましたよ…」

血を拭い、再び要と向かい合う


「ほんと…ムカつく」

「勝手に勘違いしてんじゃねーぞドアホ」


間合いを詰め、攻撃の手を休めない
難なく避けられるのが悔しいが決めるしかね


「ねぇ、いい事教えてあげるよ」

「あん?」

「この森で…妖刀は錆びた刀より…弱い」


ピシッ…と音と共に紅蓮に一筋のひび走った


「…!!(やっべぇ!!)」


紅蓮をくわえて、腰にさしておいた藤雪を抜く


「妖気と妖気がぶつかり飽和状態になる…そこに打撃をぶつければ…錆びた刀同然…すぐに折れる」

「くそっ…」


この不利な状況…十年前に体験済みだってーの!!



【デジャヴな戦況】