|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

-16-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さーて…これどうするよ

俺一人ってキツくないっすか

--------。

要の動きなら道場やらで熟知はしてるが
目の前にいるのは夜叉もどき…
それと気を失ってる吉祥

え、俺って不利じゃねぇ?!


「ねぇ、穏…そろそろ穏の体…ぼろぼろなんじゃない?」

「あー…ほっとけ」


紅蓮の力に徐々に、浸食されてるのは感じているが構ってる暇がない。

早く片付けねぇといろいろマズい事が多い


「…早くその妖刀に取り込まれちゃえばいいのに」


容赦ない斬劇をよけて、返して、よけて、返して…
あー…もう!首飛ばすぞ!!チクショウ!!
だが、体制を崩した瞬間を要に狙われ肩を貫かれ、そのまま壁に押しつけられた


「い゛っ…俺の体に傷つけてんじゃねーよ…」

「半分取り込まれてるクセに…どっちにしろ、左手は使い物になってないよね…」


間近で見ればますます人間から離れてきてる


「吉祥は俺が連れてくから安心してよ」

「出来るかアホ」


ふと視線を要の後ろに向ければ睡蓮を矢にして、弓を構えた吉祥が立っていた


『要…ゴメン』


そう聴こえた気がした

放った睡蓮は一直線に要の心臓を貫き、俺の体スレスレで要の体に留まった


「あっ…っ…お、ん…俺、し、ぬ…?」

「まだ人間やってんだったらそれが正解だ…」

「そっ、か…ははっ…そうだよ…ね」


ゆっくり倒れた要の後に吉祥の泣き顔が見えた
肩を貫いた刀を抜き、要から睡蓮を抜き
吉祥の肩を抱いて、そっと満松屋を去った

後日、奉行所の奴らが満松屋との関係なんたらで
取り調べに来たが機嫌の悪い吉祥により追い返されてた


「肩は平気か…?」

「傷も塞がってきたから問題ねぇよ」


俺の肩の包帯を替えながら吉祥はため息をついた


「もう、要はいねぇんだ」

「…あぁ」


静かに、静かに時が過ぎるのを
二人で祈った


【後味悪い解決】