|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

-6-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

次の日、桜鬼を呼びつけて
江戸城に登城する旨を伝えた


「わかったわよぅ!忠秀様に伝えておくわ」


桜鬼が去った後をしばらく見送り俺と吉祥は部屋へ戻った

部屋に戻り、吉祥が手にしていたのは俺の刀…

妖刀-紅蓮-と対の刀

聖刀-睡蓮-だった

もとは、二対一体となるこの銘刀達をそれぞれ
一刀ずつ持っている

銘刀と言われるだけにこの刀達には意思がある
紅蓮を持つ俺に睡蓮は過剰反応し、触ろうものなら
暴れるじゃじゃ馬

逆に睡蓮を持つ吉祥が紅蓮に触ると機嫌を損ね
触れたものの自我を喰らい始める

だが、こいつらと俺らが組めば互いに共鳴して互いを高め合う


「十数年ぶりか…」


吉祥が睡蓮を鞘から抜くとスラリと輝く刀身
錆びる事なく、あの時のまま
低く唸る睡蓮に紅蓮が共鳴するように唸り始めた


「もう一度…要を葬る…」

「あぁ」

「次こそ、仕留める」


呟かれた一言に返事をせず
部屋を出た


---------

数刻後、店の奴らに留守を
預け、もう一人の幼なじみ…
忠秀のいる江戸城へ向かった

江戸城の門の前まで着くと桜鬼が待っていた


「旦那!御前!こっち!」


そのまま桜鬼に連れられ江戸城の大広間に案内された


「久しぶりよのぅ、穏、吉祥」

「だいぶ老けたな」

「年はお前らと変わらぬわ。うちの桜鬼が迷惑かけた」

「いつもの事だろうが」


呆れながらもため息をつく吉祥に忠秀が笑った


「ガキの頃が懐かしいわ…ところで穏、吉祥」


至極真面目に話を始めた


「桜鬼から聞いたか」

「あぁ…」

「…月夜叉、月満ちる夜に現れ人を殺め…残酷な手口…夜叉の仮面に金糸の髪、月の如く金色の瞳」


煙管をふかしながらどこか遠くを見ながら吉祥が話始めた


「間違いなく、要だろう」

「…誠か、吉祥」

「穏の情報に偽りはない」


忠秀も黙って下を向いた
あの時から壊れた俺ら4人


「吉祥、穏…すまない。主らしか…要の顔をしらん。わしも生きたいのだが…城主になった以上、城から出れぬ。頼んだぞ」


「報酬は300両で手をうとう」

「…数倍用意しておく…本当にすまない…」




【300両のさよなら】