|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

-2-

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昼食を終え、いつものように
吉祥の仕事部屋…
の端で昼寝

パタパタと動き廻る店の奴らと
その指示を狂いなく仕切る吉祥を観察


『旦那様、着物問屋の…』

「それは右端三段目の棚の奥」

『若、昨日の卸しの件なんですが…』

「帳簿の平八に聞け」


仲居さんに出して貰ったお茶と大福を食べながら
欠伸を一つ
それと同時に煙管と扇子が飛んで来た
それをなんなく受け止め、また欠伸を一つ


「貴様、働け」

「…はい、大人しく寝てます」


軽く伸びてから寝る体勢になった時
店からバタバタと夜霧が駆けてきた


「旦那様!御前!」

「おー…夜霧、どうした」

「お役人が!昨日の波田屋の件で聞きたい事があると!!」


あぁ…袂の数人は波田屋の奴らか…


「穏…」

「…すんませんした」

「面倒な事連れてきやがって…」


いや、吉祥さんの言う通りで


「今行く…夜霧は下がれ。穏、行くぞ」

「へーい」


--------


「えぇい!津神屋吉祥はまだか!」

『だ、旦那様でしたら…』

「遅くなってすまないね。おや、お奉行…如何なされた」


暖簾をくぐり、後ろで緩く縛った長い髪を
揺らしながら、天下の津神屋、吉祥様ごとーじょうってか
その後ろに続き、一番近くにあった柱によりかかり
黙って町奉行とのやり取りを見る事にした


「…昨日、波田屋の五禄と店のもの数名が行方を眩まし、今朝…妙高橋の袂で発見された」

「ほぅ…それはそれは…して、お奉行…我が津神屋になんのお話で?」

「津神屋になんら関係はないかと聞きたい」

「ある訳がなかろう」


周りの空気を凍らせる程、冷たい瞳と声
店のものでさえ、怯えている


「おのれっ…それがお奉行への態度か!」


勇気を出したであろう、役人の一人が刀を抜いた


「…哀れな」


確かに哀れだよな、吉祥。
俺に喧嘩売る奴がいやがった…
その喧嘩…高値で買ってやる


「ばっ…!!やめろ!!」


町奉行の声と共に俺は
刀を抜いた


【売られた喧嘩は高額買取】