|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

19


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あの戦からひと月俺の怪我も治り、痕こそ残ったものの

問題なく、通常通りの生活を
送っている

親也様が日の本を平定してから
あの親子はバタバタと
忙しく、日々を過ごしている

天下が納まり、戦乱の世が去り
忍としては商売あがったりだ

だが、この泰平を楽しむのも悪くない


風貴様が城主になって以来
来てなかった蔵伊里家の墓所

竹林が静かに風に揺れる


「…お久しぶりです。上総様…」

親也様に渡された酒を2つの
杯に注ぐ

一つを名が刻まれた石の前に置き、もう一つを
一気に煽った


「貴方様が望んだ…泰平の世です…民も苦しむ事はない…」


青く突き抜ける空を見上げ
緩やかに円を描く鷹を眺めた


「貴方にも、この泰平を見せたかった…」


この穏やかな世を見て
貴方はきっと、微笑んだだろう
誰よりも喜んだだろう


「…屋敷の隅にある桜木が、花を付けたんですよ…小さな花ですが…満開なんです」


返事など、期待はしてない
ただ、流れる時間に身を任せていた


「上総様、俺は…幸せですよ。上総様に拾ってもらえた事…あの雪の日に生きててよかった…初めてそう、思いました」


残りの酒を石にかけ、庭で見つけた
遅咲きの椿をそっと添えた


「…俺は…夜叉の名を捨てます。この泰平に夜叉はいらない。貴方がくれたこの名で、風貴様に仕える『弥助』として生きていきます」


もう一度空を見上げ小さく笑った


「…ご武運を」


頭を下げ、ゆっくり歩き出した


『弥助!よくやった!大儀であった!』


振り返る事はもうない…

屋敷への道をゆっくり歩いた

見上げた空が優しく笑った