|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

16


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

刀がぶつかり合う度
小さな火花が散る

刀がぶつかり合う度
響く金属音


-----

「っ…はぁ…はぁ…」

「あらっ…夜叉椿なんて割にはまだまだね…」

「黙れクソ狼…!」

「口が悪い子…嫌いじゃないわよっ!!」


なかなか間合いが取れず
頬を掠める刀

腕や足には多数の切り傷
出血は少ないが数が多い
厄介すぎじゃね?コイツ…


「ふふっ…ねぇ弥助。こんなもんじゃないわよね?」

「っ…人の名前気安く呼ぶなボケェ!!」


首を狙って来た刀を止め
膝で顎に打撃を与えた
フツーの人間なら脳が揺れて気を失う…はず


「っ…やるわねぇ…まだクラクラするわ…この痛み…癖になりそう…!!」


あー!!もう!
どんだけタフなんだよこの変態っ!!


「ならもう一丁!!」


今度は自分の忍刀を抜き
突っ込んできた鬼平の刀をかわし
懐から思いっきり肩を貫いてやった

その瞬間、俺の腹に灼けるような痛みが襲った


「っ…!!っのやろう…」

「おあいこじゃないっの…」


鬼平の手には小刀…
互いに離れ間合いを取る
激痛が走り、血が流れ出した


「ムカつくわね…利き手の肩狙うなんて…腱まで切れて動けないじゃないっ…」

「てめーもだよ…腹に貫通させやがって…クソっ…」

「互いにボロボロねぇ…これで最後にしましょか…」

「望むとこだ変態」


鬼平は左手で長刀を握り
俺は利き手で刀を握る

同時に走り出し間合いを詰める


刹那…風が止んだ



----

「弥助…?」

本陣で弥助の帰りを父上と共に待つ
弥助が奇襲に行く時置いていった簪を握り…

先程まで吹いていた風がピタリと止んだ
何故か、落ち着かない

弥助…無事に帰って来い…
弥助…やすけ…