|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

15

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夜襲の前にそっと
風貴様の寝床に気配を消して
忍び込んだ

穏やかに眠るその顔は
まだ19の顔には幼く
どこか上総様に似ていた…

この夜襲を成功させれば
きっと、親也様のお側で
穏やかな笑みを浮かべ、この日の本を照らして
くれるだろう…

生きるか死ぬかなんて…
わからない方がいい
俺は…幸せなのかもしれない


「お優しい…あなた方のおかげですね…」


上総様が俺にくれた
椿の簪
男なのに…とは思ったが
上総様の笑顔を見たら怒る気も失せた


「…風貴様、行って参ります」


そっと簪を枕元に置き
静かに出ようとした


「弥助…」

「…!」

「…帰ってくるの、待ってるぞ」


起きてらっしゃったのか…


「必ずや…果たして見せます」


一度振り返り
寝床を出た


「長…」

「準備は整ったか…夜影」

「出陣準備は万全にて…」

「そうか…」


優しく髪を撫でる明け方の
風に静かに目を閉じた


「夜影、行くぞ」

「御意」


----------

薄暗い森を一気に敵本陣の
真後ろまで進軍する
息を鎮め、気配を消し
伝えておいた指示通り部下を配置させる

夜影に合図を出し、先発隊を行かせる

それに続き、音も無く敵本陣に忍び込んだ…はずだった


「冗談じゃない…行かせませんよ」


ひたりと首に当たった長刀
その先に銀髪の長い髪を靡かせた、ムカつく笑顔の同業者


「月下狼…鬼平…」

「おや、私をご存じで…夜叉椿の弥助」


月下狼の鬼平(おにだいら)…戦場の凶風とも云われる男
貼り付けた笑顔と銀の長髪が特徴で
主人を裏切り、部下を平気で切り捨てる
精神異常者…

面倒なのを雇いやがって…


「お噂は兼ねがね…一度貴方とやり合いたいと思っていましたが…こんなに早く来るとは」


ぎらつく赤い瞳がこちらに向けられる
あぁ、寒気する。気色悪い瞳しやがって…


「忙しいんだよ、てめぇの首もついでに上げてやる。退け!!」

「私がついでとは…解せませんが…まぁ、楽しく殺りあいましょう!」


一気に間合いを詰め、刀同士がぶつかる

もうすぐ、朝が来る