|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

14

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

上総様と同じ事を言った
風貴様…
忍如きに死ぬなと…

主の命令だから聞かなきゃな


------------

翌日、夜も明け切らない時間に俺ら忍隊が
親也様に呼び出された


「親也様、忍隊全隊ここに」

「すまぬな、弥助」

「御命令を…」


俺の言葉にふぅ…と息をつき
話だした


「…敵本陣に奇襲を掛けて来い。乱す程度で構わぬが…狙えるなら大将首を取ってまいれ」


夜明けの近い空を見上げもの悲しげな顔をした


「武士として…卑怯なのはわかっておる。だが…真っ向から行けば今まで以上の死者が出る…日の本を平定した所で…大切な部下が居なければ国を動かすことも出来ぬ…」


忍隊は誰一人文句を云わず、親也様の話を聞いていた


「俺は数年前、上総と言うもっとも信頼しておった部下を失った…これ以上、友を…部下を失いとうない…」


そのあまりにも悲痛な声に
俺は思わず声を上げた


「親也様のお心しかと受け止めました…蔵伊里家、忍衆…例え散ろうとも…その任務なしてみせましょう」

「弥助…すまない…」


涙ながらに言われた謝罪は
きっと風貴様とも似たような意味だろう
大丈夫です、俺らはちゃんと帰ってきます
親也様に背を向け、部下達に指示を出した


「覚悟決めとけ。夜明けと共に奇襲をかける。詳しい事は夜影か水無月に聞け。それと…準備を怠るなよ」


俺はそれだけを言いつけると
風貴様のもとへ向かった

渡しておきたいものがある

この奇襲に出る前に