|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翌日、上総様の

葬儀が行われた

一日中…雨が降り続く、静かな日だった


----------

葬儀は厳かな雰囲気の中、静かに
時を流しながら、行われた
親也を始め、大老衆や部下達が出席し
城は悲しげな声で溢れていた

その最中、親也は辺りを見回し
いるはずの姿を探した


「…夜影、水無月…」

「「お呼びで、親也様」」

「…弥助はどこにいる」


その言葉に夜影と水無月は顔を見合わせ
言いづらそうに言葉を紡いだ


「長でしたら…」

「おそらく…天守の屋根の上に…」

「…そうか」


その言葉を聞き、親也は雨の降りしきる庭を
静かに見つめた


-----------

いつから…俺はここにいるのだろう…

雨も…だいぶ降っている…


「上総様…」


目を閉じれば、上総様が俺を
呼ぶ声と、
城中を駆け回る足音が…
聞こえてくるようで、ただ雨に身を委ねた

上総様が息を引き取った後
傷を負った軍医が来た
何もかもが遅くて…
どうする事も出来ない悲しみで壊れそうだった


「弥助…随分、濡れたな」

「親也様…」


ぼんやりとしていたせいか
親也様の気配にすら気づかなかった

それがまた情けなくて、冷えた腕に爪を立てた


「降りて…こぬのか?上総が…土に還るぞ…」

「…ここからでも…見えますから」


俺らはそれっきり何も話さなかった


「のぅ…弥助…主はこれからどうする」

「さぁ…ね。」


あぁ…いっそこの雨に溶けてしまいたい…
そうすれば、この悲しみも…
消えるだろうか…


「なぁ…親也様…俺は…主すら守れなかったよ…」

「……。」

「情けなくて…自分が憎いのに…八つ当たりで奴を殺っちまった…」


夜影に捕らえさせておいた
頭だった男と残っていた残党を一人残らず
怒りと悲しみに任せ、ただ刀をふるった

夜影に止められるまで…すべて息の根を止めてやった

それなのに、血を洗い流すように降る雨が
あまりにも優しいから…
悲しみが止まらない

『この心の空洞…埋めてください』