|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドクン…

ドクン…

目の前で倒れた上総様に

焦りが増す

心臓が…やけに煩かった


----------

「夜影っ!水無月っ!」

「「はっ!!ここに」」

「夜影はそこの奴を捕らえておけ!水無月!医者を呼べ!!軍医でもいい!早く!」


部下二人をそれぞれ散らせ
急いで上総様の応急処置にあたった


「っ…弥助…」

「喋らないでくださいっ…傷に響きますからっ…」


傷が心臓ギリギリの位置を掠めている
布を割き、止血の葉を当てる


「弥助…お前の手は…っ…暖かいな…」


そう言って上総様は俺の手を握った


「今っ…医者が来ます…お気をっ…確かにっ…」

「弥助…」

「上総様っ!傷に響きますか…」

ふと上総様の顔を見ると
今までに見たことのない程
優しい顔をしていた


「あの雪の日…見る限り白の中…美しい椿が雪の中に咲いておった…紅に栄える死装束が痛くてな…ついつい…手折って来てしまったが…」

「かず、さ様…」

「俺の側で…また大輪の花を咲かせてくれた…弥助…主が仕えてくれたこと…幸せに思うぞ…」

「俺はっ…これからも上総様にしか尽くす事なんてっ…」


その瞬間、上総様の顔を見て
悟ってしまった…
この方はっ…もう助からない…


「…この戦乱は…しばし続くであろう…だが、決して…戦に染まるでないぞ…」

「はい…」

「最期をお前に看取って貰えるとはな…弥助…達者でな…」

「上総様もっ…ご武運をっ…」


俺がそう言い頭を下げると
ふっ…と聞こえ
上総様の息遣いが…静に消えた

しばらく俺は頭をあげる事が出来なかった
捨てた筈の涙が…止まらなかった