|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「上総様…出かけて来ます」

「…仕官するのか…」

「…アナタの下以外で働く気はありませんよ」

「そうか…無事に帰って来い」

----------

数刻前、上総様から許しをもらい
陽樹殿と共に親也様の城へと
向けて走っていた


「お前っ馬より早いって無しだろ!」

「忍はこんぐらいが普通」


しばらく走っていると陽樹殿の気配とは別に

ちらほらと不穏な気配が出始めた


「弥助…付けられてたな」

「あぁ…敵はおおよそ、3…4…5人。下忍だと思うが…」

「なら俺が片付ける」


陽樹は背中に背負う長刀を抜くと
馬の手綱を手放した
二、三ほど左右に振ると、後ろでドサッと音がした
振り返れば先ほどの気配の主であろう男達の
細切れの破片が落ちていた


「(風を刃にしたか…おっかねぇ武人だ…)走ったまんまなのによくやるな」

「ざっとこんなもんよ」


長刀を背中の鞘に戻し、馬の速度をあげた


「あと少しだ。急ぐか?」

「そうだな…早く城に戻りてぇ」

----------

しばらく走れば親也の見事な城が見えて来た
で門番に止められる事なくすんなり城の中に入った

応接間に通され出された茶を飲みながら
親也が来るのを待っていた
しばらくして親也が上座に現れた


「弥助か。我に仕官するきになったか?」

「俺はそれを断りに来た」

「それほど上総がよいか…何故、上総につく」

「…理由があろうと無かろうと俺の主は上総様だけ。ゆえに親也様に仕官は致さぬ所存」

「…仕方ない…か。上総もよき家臣を持ったものよ。しばしゆるりとして行け」

「そのお言葉ありがたく…」


親也様が上座から立ち上がった時、天井を見上げた

すると一つの影が降りて来た

「夜影…」

「親也様、無粋な所より参上つかまつった事お許しを。長に緊急の連絡が…」

「どうした」

「先日の戦での敵方、千木家の残党により…蔵伊里家が急襲されております!お早くお戻りを!!」

「!…っ今すぐ戻る!お前も至急戻り上総様をお守りしろ!」

「はっ!!」


俺のいない時を狙いやがって…!!
あの下忍も残党かっ…!


「親也様…緊急ゆえ、失礼!」


急いで城を出て、帰路を駆け抜ける
間に合え…間に合えっ…!!
上総様っ…どうかご無事でっ…!!