|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

4

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あの戦から数日親也様の宣言通り
勝利の宴が行われた
今回の功労者は上総様と…
…俺らしい

元々、大勢と飲むのは苦手な俺
女中から数本の徳利を貰い
大部屋の外で夜風に当たりながら上質な酒を
ちまちまと呑んでいた

ふと気配がして障子の開く音がした


「今宵の主役が足りぬと思うたらここにおったか、弥助」

「親也…様、忍が宴でヘラヘラしてちゃ全く忍んでないじゃないですか」

「フッ…我にそこまで申す忍も主だけよ」

「そりゃどーも」


障子を閉め、俺の隣にどっかり腰を下ろすと
杯を突き出して来た


「注げ」

「部屋でやれや」


ゆっくり酒を注ぐとそれを一気に飲み干したと同時に


「弥助、我に士官する気はないか」


との問いが向けられた


「んな気ねぇっすよ。俺は上総様の下でしか働かねぇし、上総様しか守らねぇ。親也様、悪いが…「今の数倍の給与も出そう」だから今断ってんだろ…」


話を最後まで聞け酔っ払い!
目据わってんじゃねぇか!!


「…仕方ないの…まぁ徐々に口説くとしよう。此度の戦、主と上総の手柄故、存分に楽しめ」

「……ありがたく」


最初の言葉気になるけど
あえて流すぞ!あえてな!!
ようやく、親也が大部屋に戻りまたゆっくり飲める…
と安心したのもつかの間


「やぁーすぅーけぇ」

「…上総様、酒くさっ」

「やすけは呑んでるかぁ?」


話聞いちゃいねぇ…

安心しきった赤い顔で上総様が
俺に笑いかけて来た
戦が終わり、緊張が解けたのか酒は殆ど飲まない
上総様が今日は随分酔ってる


「弥助ー…よくやったぞ!俺はぁー…鼻がたかぁいっ!」


酔っ払い第二号か
コンチクショウ…


「上総様が頑張ったからですよ。飲みすぎです。部屋戻って寝ますよ」

「んー…」


上総様に肩を貸し、親也様が用意してくれた
部屋へこの酔っ払い第二号を連れて行く
半分、夢の中に旅立っている上総様を敷き布団に寝かせ
そっと布団を掛ける


「…お疲れ様です。上総様…ゆっくり休まれてください」


言い終えると同時に、俺にもどっと疲れがやってきた
穏やかに眠る上総様を確認して静かに天井裏に戻った


静かに流れる静寂に
ただ身を任せるだけ…