|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

小説を書くに当たっての基本+α


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.三点リーダとダッシュは2つ1セットにして使う。
三点リーダとは … のことで、「てん」、もしくは「さんてん」で出てくる。
ダッシュとは ― のことで、「だっしゅ」で出てくる。
辞書登録しておく事を推奨。
また、……や──は基本1箇所につき1セットである。

○「……っ、そうか」
△「…………っ、そうか」
×「…っ、そうか」
(漫画などでは三点リーダは1つだが、小説では2つである)


2.会話文のとじカッコ直前の句点は省略する。
とじカッコとは 」のことで、句点とは 。のこと。
使われている小説もあるが、基本は使わない。
また、句点があるべき場所に読点( 、)があるなどもっての他。

○「どうして、そうなるんでしょうね」
△「どうして、そうなるんでしょうね。」
×「どうして、そうなるんでしょうね、」


3.同じ名なら、きちんと統一する。
拓海という名前の人を、拓海と書いたりタクミと書いたりしない。
Aはタクミと呼んでいて、Bは拓海と呼んでいる、なんてのは別。
また、名前は聞いたことがあるけど思い出せない、なんて時は平仮名か片仮名。

○「たくみ? ……ああ、拓海か。拓海なら居ない」
△「拓海? ……ああ、拓海か。拓海なら居ない」
×「拓海? ……ああ、拓海か。タクミなら居ない」


4.感嘆符や疑問符の後は、とじカッコや空白がこない限り1字空ける。
感嘆符は ! のことで、疑問符は ? のこと。
逆に、とじカッコや空白がきているときに1字空けるのは×

○「えっ、わっ、どうしよう!」
×「えっ、わっ、どうしよう! 」

○ これでいいのだろうか?
× これでいいのだろうか? 
(↑の2行をドラッグしてみると分かります)

行頭は一字あけ、「」の時は一字あけない。

○「!」「?」 △「!?」 ×「!!」「??」

「、」の後に改行しない。

↓以下、追加訂正あればよろしく↓