|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

「決意の向こうに」

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「決意の向こうに」

今まで見てきたものとか 今まで感じたこととか
そういうことは 一つも忘れたくないけど

だけど僕ら 忘れてしまうから

掌に水を 零れないように
だけど 必ず 零れてしまう
結局 そういうものさ 人間なんて

思い出の丈が 大きくとも 小さくとも
そういうことは 関係無しに
思い出は必ず 風化していく

常に生まれ変わりながら 僕らは生きてる
それを忘れずに生きれる人が きっと強い人で

確かな鼓動と くだらない手遊びを持って
僕は旅に出ることにした オレンジの向こうまで
思い出が壊れない方法を 僕が強くなる方法を
僕の知りたいこと 全部知るために

微かな希望と くだらない夢物語も持って
僕の旅が確かになるように そう空に願いながら
とりあえず一歩踏み出して これで強くなれるなら
自分も誰かも 守りきれるなら

怖くなんか無いさ 旅の向こうは見えてる
思い出を無くさないために カメラも持った

光も闇も 全部受け止めてやろう
そうしたら 強くなれるかな