|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

「変わらない春」

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「変わらない春」

宙に浮かんだ 一つのピンク
そっと掌に 載せてみた

その花びらは 柔らかく
君の右手を 思い出させる

突然 周りのピンクがゆがむ

探し続けた君が すぐそこに居た気がした

毎年変わらぬ この木の下で
変わり続ける 僕の姿

煙草に火をつけると 僕の涙は 空へと昇った
それと逆に 君の涙は ひらりと僕に舞い降りた

まるで 僕に微笑むかのように