|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

おじいさんと独裁国家


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前作のColorから続きます

おじいさんはね
独裁国家にも色を売りにいったんだよ

その国は
黒いろに染まっていた
国の人々も
黒いろに染まっていた

まず初めに
家族で畑仕事をしている人に
黄緑を売った

次に
食べるものがない子に
オレンジ色を上げた

それから
盗賊には
ピンクを

それからたくさんの人に色を売ったおじいさんは
最期に王様に
灰色と白を送った

その意味を理解した王は
泣き崩れ 国民に謝って
よりよい国になった

王も国に支配されてた
という事だ