|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

日常


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鳥は澄ました声でに鳴いている
風は静かに流れていく
空は雲ひとつ無く快晴だ

だけどなんだろう?
君がいなくなってから
私の見る世界や日常は私を拒絶いるように見えて
私は世界を拒絶している

君のせいだ
君があんな酷い事言うから
そして君が居なくなってしまったからだ

私は何も悪くない
私は何もしていない
濁りきった自己満足の結晶

悲しみに濁った世界は憂鬱で
私を黒く彩っている

私は一人孤独に眠ったが

ガチャッという音がして、閉ざされたドアから
光が刺した
私は静かに「何?」といった

彼はただ何も言わずに私にキスした

PS
keyさんこの「日常」や「嘘」、「仮初」は次回の吟遊詩人の便りの選考対象に入るのでしょうか?
毎回吟遊詩人の便りは楽しみにしております。
こんな作品ですが
入れてやってください