|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

晴れと雨の境界…


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

空を見上げると

空が真っ二つに割れていた

片方は今にも雨が降りそうな曇り空

もう片方は日の光が眩しいほどの晴れ

そして私は

太陽に見放されているのか曇り空の下

気づけば大粒の雨

私は雨に打たれ青空の方を向く。

大粒の雨を綺麗に日の光が反射する

なんだかこんな綺麗な物を見せられて

複雑な気持ち

太陽の馬鹿…

憎いけど憎めなくなった

私はただただ光る雨粒に濡れるしかなかった