|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

月に手を翳し

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

月の光を遮るのはたったの極一部で

自分の存在の小ささを思わせる

月に近づいても掴み切れないその光は

街の隙間さえ明るく照らす

月が無くなった

「だーれだ」

考えるのを止めた