|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

桜涙

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大切な存在だった

先輩が 先生が

ここを去り飛び立って行く

喜ぶべきことだと

そう分かっていても

別離の悲しみは拭えず

目尻から今にも零れそうな水が

それでも零れ落ちずに溜まっている



桜が舞っている

この水の代わりかのように

人々に綺麗な印象を与え

そして地に伏していく