|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ここ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

空高くに舞い上がる鳥達。

ついこの前まで私が住んでいた場所。
愚かな人間どもに捕らえられ、翼を切り落とすまで、私が存在した故郷。
今はもう、飛ぶことなんてできないけれど。
代わりにこの足で大地を駆ける。
無残に切り取られた翼はズタズタで、まだ傷も痛むけれど。
それでも、この道を歩むと、誓った。
貴方と共に。
「……まだ、傷は痛むか?」
不意に、そう聞かれて羽がズキリと痛んだ。
慣れない、痛み。
こればっかりは本当にどうにもならなくて、結構辛かったりする。
けど、そんなことを言ったら貴方に心配をかけてしまうから。
私は気丈に笑う。
大丈夫だと言いながら。
「……慣れない嘘はつくな。すぐにわかる」
けれど、私が笑うと余計に辛そうな顔をされる。
そんな顔をさせるために笑うのではないのに。
貴方は、自分自身を責めてしまう。貴方のせいではないのに。
寧ろ、貴方がいたから私は生きられるというのに。
「……だい じ ょう ぶ だ から 」
貴方のために覚えた言葉を精一杯言霊に変える。
大丈夫、大丈夫だから。
だからそんな顔をしないで……――。
けれどそんな私の願いを、多分叶わない。
あぁ、なんて、酷いのだろう。
助けてもらったのに、これではまるで私が責めているようではないか……――。
「だいじょうぶだから。ほんとうにだいじょうぶだから……」
もどかしさが涙となって頬を伝った。