|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

黒猫と女(はむ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夕闇に紛れた黒猫が
にゃあと一鳴き何処にいる?
周りに気に留める者居らず
猫の主張は空しく消える
ただ紅い目が闇に潤むだけ

裏道通る一人の女
よろりと揺れて地に臥せる
周りにいるのは黒猫のみで
女の訴え誰かに届くことない
ただ血が口から溢れるだけ

紅い赤い血は黒猫に生の洗礼を
赤い紅い血は女に死の宣告を