|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

1 出会い

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 「出会い」

                          「見つけた」

静かな、静かな場所に響いた声。
また、「少女」は笑っていた。
とても口元を歪ませて、笑っていた。

「探すの大変だったんだぜ?それを理解るかお前」

また響く声 。
とても演技らしく、白々しい
そう言った瞬間、「少女」は眼帯を外す。

「っ!…こんばんは、君は確か…斉藤翔[サイトウ ショウ]、だったよねぇ? ま、どうでもいいかそんなこと」

クスクス・・・

さっきとは違う、男っぽい声と、小悪魔のような笑み。
とても、この声は嫌いだ。

「なんで、僕の名前を知っているの?」

驚きを表しながら、僕は「少女」に聞く。

「さぁ?…なんでだろうねぇ?」

クスクス…

奇妙な笑い声が、また聞こえる。
なんかムカつく、見下されてるようで。

「見下されてるじゃなくて、見下してるんだけどなぁ~?」

まるで僕の心を見抜いているかのように、「少女」はそう言った。

「あ、やっぱ当たりだったんだねぇ。ねぇ、さっきから少女少女うるさいよぉ?僕普通の男なのにぃ」

嫌そうな表情をする「少女」。
普通の男なら、空を浮いてな・・・って・・・え?
男?え、あれが?
嘘でしょう?
「少女」にしか見えないんだけど・・・

「うわっ!ひっどぉ~い!」

演技らしく、自称男の「少女」は声をあげていった。
・・・うるさいな。
静かにするということが出来ないのだろうか、この人は。

「もうっ!僕にだって名前があるもん!「少女」とかいう名前じゃないのぉ!僕の名前は高橋歌乃〔タカハシウタノ〕!名前言ったんだから、「少女」とかもう言わないでねぇ」