|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

静まりかえった室内で


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「オギャアァァ、オギャァァァ」
静まり返った室内に、自らの誕生を天地にしらしめるが如く、泣き声が響き渡る。
またひとつ、新たな命がこの世に生を受けた。
しかし、その誕生に盛大な拍手や歓声を送る者は誰1人としていない。
1組の男女が、自分たちの赤子の顔を覗き込む。
しかし、その顔に愛情という感情など微塵も浮かんでおらず、ただただ嫌悪の念があらわれているだけだった。
自らの赤子の顔を見るのも早々に、男は1枚の紙をとりだし、なにかを記入し始めた。
その紙には【クーリング・オフ】と書いてある。
しばらくボールペンを走らせたあと、男は女の腕の中から赤子を取り上げ、さきほどまで記入していた紙と共に看護師に渡した。
その動作には1点の迷いもなく、赤子への愛情のなさを、改めて、明確に表していた。
赤子は自らが捨てられたのを悟っているかのように、看護師の腕の中で、大声で泣きじゃくる。
しかし、男女はその泣き声に未練をかんじるような様子はまったくなく、むしろ不快そうな表情を浮かべただけだった。
にぶい音とともに、扉が開けられ、赤子は連れ出されていく。
狭まっていく扉の隙間から、赤子の声が尾を引くように、いつまでも室内へと流れていく。
しかし、扉が閉まりきるとともに、その声も届くことはなくなり、再び室内に静寂がおとずれた・・・