|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

元気になって

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日曜日の午後のひととき
わたしの隣にいるキミは
ずっとぼんやりしていて
どこか寂しそうに見える

「ねえ、なにかあった?」

「べつになにもねぇよ☆」

わたしの問いかけには
そうキミは答えるけれど
何かあったときはいつも
その捨てゼリフ吐くから

強がってないで少しは
気持ちぶつけて欲しい
キミの横顔を見ながら
心の中でそっと呟いた

「素直になってよ、もう」

「うっせ、これが本音だ」

早く元気になってね…
キミがイチバン好きな
アップルパイと紅茶を
作ってあげるんだから

明日元気になる魔法を少し振りまいて