|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

双子(はむ)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

何もない、けれど温かい空間の中で一人の少年は笑っていた。

「ふふ……はは、はははははは!!」

少年の目の前にはもう一つの少年。容姿はまったく同じで、ぐったりと倒れている。その少年の顔は蒼くなってしまっていて、片割れの手には凶器――と思われるものが握り締められている。

「ぼ……僕は遂に殺ったんだ!僕自身を殺ったんだ!!」

少年の笑い声はどんどん高くなっていく。声は空間全体に広がり、波のように響き空間を揺るがす。ぐったりと倒れた少年の目には一粒の涙が溜まっていた。

……

ある夜、とある病院で子どもが生まれた。

「お母さん、無事生まれましたよ」
「ほ……本当……です……か?」
「ええ、しかし……」
「どうしたのですか?」

医者の顔は青く、神妙な顔つきをしている。

「実は双子だったみたいなのですが、その片方が死んでいて……」
「ぇ……」
「しかも、死亡原因はへその緒が首に絞まってしまったようなのですが、
そのへその緒を生まれた子がしっかりと持っていたのです」