|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

道はないんだ(はむ)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

流れ行く雲を 追いかけて
いつの間にか 知らないところにいた
自分の後ろには 引き返す道がなくて
わからないまま また突っ走って・・・
不安になった 恐くなった

そのとき 気がついたんだ
用意された道なんて ないんだと
自分の手で 作るしかないのだと
そのとき 不安は安心に
恐さは希望へ かわった

さあ行こう どこまでも
もともと道なんて ないんだよ
恐くなんてない
だから行こう どこまででも
自分の信じたところへと