|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

さらう

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いつもいつも
朝の教室は退屈
窓を開けて
自分の席に座る

冷たい風が
頬に当たるけど
気にしないで
1人ぼんやり

鉛筆と
紙を一枚
取り出して
手紙を書く

『あなたが言っていた
本当の幸せって一体
なんなのだろうか?
わたしには掴めない』

書き終えた
ほっとした瞬間だった
風が手紙を
さらっていった

思った
わたしもあなたに
心さらわれたままで
動きだせないのかもしれないと