|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

第4幕

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・・俺は両親への憎しみの感情に生かされてきたんだ。」

明かされる、セスタの過去。
それを聞いた少女はただ何も言わず俯いていた。
辺りに重い空気が漂う中、意を決したように少女が顔をセスタの方に向け問いかける。

「ねえ。」
「・・・なんだ?」
「・・・あなたがそんな両親を憎んでいるのも、その刀の影響かもしれない。」
「・・・。」

少女のその言葉を聞いて、今度はセスタが黙り込む。

「・・・あなたの本心は?どうなの?何もわからないの?」

強く、問いかける少女に、セスタは小さな声で答える。

「・・・この刀に入り込んだ憎しみの感情が、姉のものだとしたら・・・、俺は迷わずそれに従う。」

と答えるセスタに、複雑な表情を浮かべる少女。
そして、心配そうな眼差しで再び問いかける。

「・・・これからどうするの?」
「さあな・・・。」
「・・・やっぱり。」

セスタの「さあな」という返事を聞いた時、少女の表情に明るさが戻った。
何かを待っていたかのような、そんな笑顔を浮かべている。

「行く当てがないんならさ!首都の方へいったらどう!?」
「首都・・・?」
「うん!あそこならたくさんの人が住んでるでしょ?もしかしてあなたが探してる人も・・・。」

子供らしい、単純な理由。
だが、行く当てもないセスタにとってはありがたく思えてしまう。

「・・・そうだな・・・世話になった。」

そう言うと、その場から立ち上がり、セスタは部屋から出ようとした。

「待って!」

と少女に呼び止められ、セスタは足を止める。
そして、気だるそうに少女へと振り返った。

「・・・なんだ?」
「私も連れて行って。」
「・・・断る。」
「どうして!?」
「これ以上、俺と関わらないほうがいい。」

そう言うと、セスタは刀を少女の方へと押し当てる。

「・・・この刀は、俺しか認めない。」
「え?」
「・・・前にこの刀が盗まれかけた時があった。相手は集団の盗賊。俺が寝てる隙に、盗もうとしたんだろう。」
「・・・?」
「人の悲鳴を聞いて俺が起きた時・・・。」

     「この刀の握り締めていた盗賊の一人が、仲間全員を皆殺.しにしていた。」