|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ユメビト08話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「くそ…っ!」

彼はもう限界に達していた。
いくら騎士団の最高位だとしても、
これだけの量を相手するのは不可能だった。

剣も既に刃が欠け、使い物にならなかった。

「ここで負けるわけには…!」

彼には守るべきものがあった。
その存在が、彼を身体を動かし続けさせた。

「危ない!」

彼は彼女を覆うようにかばった。
狼の爪が背中に喰い込む。

その度、平気な顔をして彼女に見せるが、
数え切れない傷が、彼の痛々しさを物語る。

「ごめん…なさい…。」

少女の頬に伝う滴が、彼の足元に落ちる。



どうして、何故だ。
何故、僕等の邪魔する。

どうして、何故だ。
何故、君に涙が流れる。

この手は何故、彼女一人守れないんだ。



「これを!」

聞き慣れない声。
少年の胸元に向かい飛んでくる剣。

もう既に限界を迎えた身体を翻し、
空中で捕まえ、一気に鞘を振り抜く。

その勢いのまま滑走し、流れるように切り裂いていく。

限界は確かに存在した。
しかし、限界を超えた瞬間を目の前にして、もう限界など無かった。