|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ユメビト07話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「なぁ、やめないか?」

「これも仕事です。私たちには使命がある。」

普段持ち慣れない、幼い少女にはまだ大きい剣を携えて、
金色の長い髪の間から見える、女の子らしい顔は今はもう無い。
ルカ様を目覚めさせるために、ただその目的だけが彼女を突き動かしていた。

「こんなの、やっぱりよくない。」

此処は、夢の中。
厳密にはルカ様の今見ている夢の中だ。

夢は記憶を反映する。
だからこそ、その人の意志が強く出るもの。

「荒んでる…。」

「そうね…。」

この世界には悲しみが溢れていた。
街は廃れ、魔物は多く徘徊し、人々の姿はもう無かった。

「もう少しで―。」

「危ない!」

狼の姿をした、一匹の魔物が彼女に襲い掛かった。
避けはしたが、狼の鋭い爪は確実に心臓を狙っていた。

「ここは僕が!リンは下がって!」

重々しい一本の剣を抜き、狼の目の前に突き出す。
使い慣らされた剣は、狂い無く魔物を捉えていた。

まだ彼は小さく子供だが、間違いなくその姿は一人の戦士だった。
揺らぐ事の無いその瞳は、冷静に狼を追い詰めていく。

「これで…!」

振り上げられた剣が、狼を切り裂いた。

「ねぇ、ケイト…!」

「…!」



周りには無数の魔物が、二人を取り囲んでいた。