|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ユメビト05話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

痛い。

どうしてだ。

とてつもなく、痛い。



―「二日後にヴェラスの臨海地に現れる魔物は―。」



「…ルカ様?」

「…すいません。もう一度説明して頂けますか?」

ふと我に戻る。
この頃ずっと考えてしまう。

何故、夢と現実が変化しだしたのか。
一体、彼は誰だったのか。



そして、あの感触は誰のモノなのか。



「―というわけで、ヴェラスの農村地に騎士団を配置したところで被害は防げません。」

「そうですか、では村の人々に避難勧告を出しましょう。」

疲れた。
夢の中でしなければいけない事をやり終える頃には倒れそうになる。
いつものようにベッドへ向かう。
こんな痛みをいつまでも感じて居たいなんて思えない。



「…!」



フードを被った小さな少年が、こちらに歩いてくる。
確かに見覚えのあるその姿。
私の目の前で立ち止まった。

「…アンジェ君…、き、君は一体…?」

体が痛む。
意識が遠のきそうになる。

「…。」

「き、君は…?」

まずい、もうこれ以上は…!







『もう少し、もう少しだから―』






私の体は痛みから解放された。
意識は光に投げ出された。

また感触が手にまとわりついていく。