|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

タイムリミット 4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 "しっかりしなよ"
 そう言ってくれた君は、もういない。
 今、後を追うよ。

【タイムリミット-4-】


 カチャン、と受話器を置く音だけが響く。再び静寂が訪れ、時計はまもなく3時を指そうとしていた。
 真っ暗な部屋の中、一人たたずむ青年。一応はミネラル医院にかけた電話も、どんな会話を交わしたかさえ覚えていない。それほど、今の彼には生気がなかった。

「クレア……?」

 丁度よく差し込んだ月光に照らされ、クレアは笑っていた。顔は青白いものの、口元にはわずかながら笑みがのこされている。
 それが、彼の目にはどういう風に映ったのだろうか。置いてあった、あの水。青酸カリが入ったそれを一気に飲み干すと、彼は少ししかめっ面をした。
 すぐにさっきまでの悲しい表情に戻ると、ベッドに上がり、クレアの横に座る。クレアの抜け殻を自分の肩にもたれ掛けさせると、グレイは目を閉じた。

 その刹那、グレイの意識は失われる運びとなる。その後、電話を受けあわてて駆けつけたドクターとエリィが2人の元に駆け寄ったのだが、それはもう、すでに時遅しだった。

 しかし、もたれ合う2人は、体こそ冷たいものの、笑っていた。
 そして、握られた手から温もりが消え去っていった……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 宿屋のポストに挟まっていた、1通の封筒。
 その手紙の送り主は、もういない。
 受け取るはずだった人も、もういない。
 その手紙は、いつまでも、いつまでも、彼の机の上に置かれ続ける……



 グレイへ

   グレイがこの手紙を読んでいる頃、私はもう、死んでいるでしょう。

   もしかしたら、グレイも私の後を追って死んでいるかもしれない。

   そんな馬鹿がやるようなことはあって欲しくはないけど、

   でもグレイならするかもしれないね。

   この1年間、グレイと寝食を共に出来て、多くの会話を交わすことができて、

   そして、グレイと恋人でいれて、とても嬉しかったです。

   私がいなくなっても、グレイはグレイで、ランやクリフくんと

   楽しく過ごしてください。


   グレイの日々が、より一層楽しくなることを願って――

                                                クレア


  fin