|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

君と散る


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

──一緒に死にませんか?

そういってあなたの腹部を切り裂いた僕
あなたは呻いて地に伏した
僕自身も喉元を切り裂き あなたの横へ伏す

馬鹿だろ とでも言いたげな視線
どうぞ ご自由に貶してください

こうするしか思い浮かばなかったんです
彼女には認めてもらえないであろうこの関係
あなたとずっと このままでいたかったから

ごめんなさい 痛い目にはあわせたくなかったのですが
そうでもしないと 僕達はいつか分かれてしまう

痛みが全身を襲って 呻いてしまう
喉が熱い 燃えるように熱くて 苦しい
助けて 助けて 助けて

──……おい

痛みに身悶えながら ゆっくりと目を開ける
しかめっ面ながらも 優しく微笑んでいるあなたがいた
あなたは私へと手を伸ばし 紅く染まったその手で僕を撫でる
あなただって苦しいはずなのに 僕を慰めてくれる
その優しさに 涙が零れた

──もう…………が……

あなたの声がかすれてきていた でも あなたが言いたい事はわかる
もう 時間なのだ 彼女が 来てしまう

──また 会いましょう

精一杯の笑みを作って 声は出ないとわかっているから 口だけでそう伝える
あなたはゆっくりと笑った後 ゆっくりと目を閉じた

さあ あとは僕だけ 僕も 来るべく時を待ち 目を閉じる











──! ……! …………!

ああ 彼女が来てしまった
紅い池の中を駆け寄ってくるのがわかる

二人にさせてください
どうせ間に合わないのです 何もしないで 放って置いてください

すいません 彼をあなたから奪ってしまいました

あなたは神ですから 彼だけを生き返らせるかもしれません
僕が一緒と言う事はないでしょう 僕は あなたに嫌われる事をしてしまった

ですからこの一時だけでも 一時だけでいいですから











彼を 僕だけのものに