|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

文化祭・前編

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妖精界立第一高等学校。
いわゆる、エリート高校である。
ここに通う4人の妖精、すなわち、

意外と積極的なのに、照れ屋なアルター・チェイン。
冷静沈着、しかし恋愛は苦手なクルー・アポト二ティー。
元気はつらつ、明るさ爆発なハートピア・ティー。
クールで何かと友達思いなベル・レンシー。

の、仲良し4人組は現在。
『喫茶店 紅葉』と書かれた看板が入り口に置かれている、1年A組の教室で、ところせましと駆け巡っていた。

+++

「ちょっと! ダージリンがなくなってるけど!」
「ティー、少し待っていてくださいよ。今淹れている最中です・・・」
「クルー! そんなこだわるな! 客のまわりが悪くなるだろ!」
「しかし、皆さんに喜んでいただけるためにも、美味しく淹れなくては・・・」
「チェイン、そんな怒鳴んないで。僕が淹れといたから」
「あぁ、レンシーありがとな」
「オーダー入ったよ! ショートケーキ4人分お願い!」
「「「4人分?!」」」
「ちょうど今さっき切れたばっかりなんですけど・・・」
「それに、まだ生地を作っている段階だよ・・・」
「代わりにシフォンケーキとか、クッキーとか出しとけ!」
「じゃあお客さんにそう言っておくね!」
「お願いします、ティー」
「ねぇ・・・」
「あ! 外に行列できちゃってるよ!」
「本当かよ?!」
「とりあえず、早く作ってしまいましょう」
「同感」
「ねぇ・・・ちょ」
「わわわ・・・チェイン! そんなに傾けたら紅茶がこぼれるでしょ!」
「分かったから耳元で叫ぶなよティー・・・」
「ねぇ・・・ちょっと・・・チェ「ショートケーキできましたよ!」・・・ちょ・・・」
「そうか! なら早く客に・・・」

「ちょっと! 人の話聞いてよ!」

大量の言葉が飛び交う中、そう叫んだのはオレンジ色の髪を持つ少女。

「あ・・・タイニー・・・」

少女は仁王立ちで、
「チェインが来いって言ったんだからな」
頬を膨らませて言った。

+++

喫茶店が開店して約2時間。
最初の休憩時間が近付き、店内の客の数もひと段落した。
そして、最後の客が教室のドアをくぐりぬけた時、クルーはドアの窓に[Close]と書かれた張り紙を貼って、ドアを閉めた。

「まったく、ここの学校はどうかしてるよ!」
タイニーは腕を組みながら言った。
「部屋の数が多すぎて、こっちは迷子になってたよ! 外来者にとってここは地獄だね」
「まぁ、いちおうエリート校だし、それなりに設備はあるから・・・。」
レンシーが遠慮がちに言うと、タイニーはきっぱりと、
「ここってエリート校なのかい? ここの問題チェインに借りたけど、あんなの小学生でも解けるじゃないか!」

――いやいやいや、それは小人である君だけだよ・・・。

4人は同時に同じことを思っていた。

+++

ローテーションの時間になり、自由な午後の時間を手に入れた4人は、
タイニーを引き連れて出し物や模擬店に立ち寄ったり、演劇部主催の劇を鑑賞した。
路地裏でずっと住んでいたタイニーにとって、そのどれもが星のように輝いたものであった。
そんな少女を見て、チェインは改めて、ここにタイニーを誘っておいて良かった、と感じた。
途中、ティーが教室に戻ったので、何事かとついて行ってみると
ティーは自分の鞄から何かを取り出した。
彼女が手に持っていたのは、一輪の赤いバラだった。
クルーはそれを見て顔がほのかに赤くなっていたが、
その理由は、本人とレンシーしか知らない。

+++

「さーて、ここは高校生らしく別行動でもしますか?」
外に出ていた4人に向かってティーが突然そんな提案をしたので、レンシーはすかさず、
「あぁ、いいですよ。私はチェインとタイニーさんの三人で廻ってますから」
「え、あの・・・レンシー?「じゃあ、二人とも行きましょうか!」ま、待って・・・」
クルーが引きとめようとするも、三人はもうすでに人ごみの中だった。

――レンシー・・・今の気遣いは逆効果ですよ・・・。

「なんだよクルー。そんなに私といるのが嫌なの?」
「そんなわけはありませんが・・・」

ティーはその言葉を最後まで聞かずに、クルーの手をとった。

「え、ティー?」
「クルーにバラのお返しをしてあげるよ」
少女はそう言い、ニッコリと笑いながら隣で真っ赤になった少年を見つめて、

「これから私とデートしよ」