メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

   ○がつ○にち はれ

  きょう、カンナがノートとえんぴつをくれた。
「ロウ、アンタってバカなんだから字ぐらいうまく書ける様になってよ」
  だからじをかかなきゃいけないらしい。でもなにかけばいいかわかんなかった
「じゃあ、日記でも書いてみれば?」
そしたらカンナがそうおしえてくれた。

  にっきって、さいしょはなまえをかくんだって。おれのなまえはロウ。いぬだけど、ホントはぶそうしんきってちいさいやつのはうりんがただってセンセがいってた。かぞくは、ロウとソウとカンナととーちゃんとかーちゃん。あとセンセがよくあそびにくる。センセもおれとおなじちいさいやつだ。
  それからにっきはまいちにあったことをかくらしい。きょうは、えんぴつってよくおれるっておもった。


   ○がつ×にち はれ

  きょうはセンセににっきをみせた。センセはすごいってほめてくれた。ついでにかみはこんなふうにもつかえるって「かみヒコーキ」のつくりかたをおしえてくれた。おぉっ! これはおもしろいぞ!!
「・・・折角あげたのに勿体無い事するな!」
  ・・・カンナにおこられた。そしたらセンセ、こんどはノートじゃないかみで「おりづる」のつくりかたをおしえてくれた。むずかしかったけど、つくってカンナにあげた。
「・・・もう、しないでよね」
  そしたら、ゆるしてくれた。もっとつくったらカンナもっとよろこぶとおもって、いっぱいおりづるつくってみた。がんばった。
「だからって、こんなに散らかさない!」
  でもまたおこられた。カンナって、むずかしい。


   ○がつ△にち くもり

「ロウ、アンタってホント寝相悪い。何度机の上から落ちれば気が済むの!」
  あさめしのとき、カンナがむすっとしながらいった。そういえばきょうはおきたらカンナのおなかのうえだった。おれがカンナのうえにおちて、それでカンナはめがはやくさめたとかいっておこってた。
  それならおれようのへやをかってこようって、きのうはうちにとまっていたセンセがいった。ちいさいやつようのいえもいろいろあるんだって。
「でも、バー○ーの家あたりじゃ、ロウはスグ壊しちゃうし、他には・・・」
  そしたらセンセが、もっとちょうどいいのがあるっていった。がんじょうでひろくって、おれにぴったりだって。
「・・・もしかして、犬小屋?」


   ○がつ□にち くもり

  きょうはカンナがガッコやすみだったから、いっしょにおれのいぬごやをかいにいった。みせはセンセにおしえてもらった。
「ええと、ペットショップ・オシイ・・・ここでいいんだよね」
  おお!いぬだいぬだ!! わんわんわんわんわんっ!! わんわんわんっ♪
「・・・ロウ、犬見て野生(?)に戻らないでよ。それにしても、誰も居ないのかな」

「おやおや賑やかと思えば、こんな朝早くよりお越し頂けるとは重畳重畳」
  いっぱいいたいぬにあいさつしてたら、みせのおくからちいさいやつがでてきた。
「あれ? 神姫が、お店番?」
「ええ、小生がご案内させて頂き申します。神姫とて接客は心得ておりますゆえ、無用な心配は杞憂杞憂、ですぞ」
「別にそんな事、思ってないけど」
  おっ! みせのひともおれとおなじいぬだ!おなじにおいだ!おなじかおだ!
「ほほう、随分面白い神姫を連れたお客ですな。それも小生と同じ犬型神姫とは奇遇奇遇。小生はシールドと申します。貴方は?」
  ロウだ! よろしくな! おれはシールドとあくしゅした。いいやつみたいっておもった。
「でも、ちょっとまぎらわしいかな、同じ顔なんて」
「それは異な事を申されますな。黒毛の小生と栗毛のロウ君との違いは明らかでしょう。そうでなくとも同じ犬種であれど体格、毛並み、体臭などで違いは歴然歴然。むしろ小生としましては、犬種程度しか区別出来ない人間の方が不思議ですな」
「う~ん、そんな事言われても・・・」
  カンナがこまったかおした。やっぱりちょっとやなやつ。

「ところで、今日はどう言ったご用件ですかな。小生の・・いえ小生の主の店は、犬のみならず猫や鳥類、ハムスターはおろか大型爬虫類からUMA(?)まで手広く取り揃えてそれはもう圧巻圧巻!」
「いやそれは・・・」
  きょうはおれのいえをさがしにきた! ってシールドにいった。
「まあ、コイツに丁度いいサイズの犬小屋って無いかなって」
「・・・ほう、神姫をペット扱いですかな。まあペットというものはつまり人間に生殺与奪を委ね、従属し生き長らえるもの。神姫もその意味ではペットと大差無いですな。しかし神姫にも人間と同様に「心」があります故、そのような扱いをされるのはとても断腸断腸・・・」
「いや、あのさ・・・」
「この店の動物達も、小生が愛情を持って接してやれば、人間に対してと変わらぬ様に答えてくれるのです。まあエサを与えるのはともかく、ケージや水槽の掃除にはなかなか難航難航・・・」
「いや、聞いてよ! 単にコイツ用の個室に丁度いいのが欲しいだけなんだけど」
  そうだぞ! おれとカンナはかぞくだぞ!!
「おおっと、そうでしたか。これは失言失言。とんだ早とちりでしたな。小生、つい、苦い記憶がありました故、つい熱くなってしまい失礼致しましたな。
「まあ、ヘンな神姫には慣れてるからいいけど・・・」
「左様ですか。それで犬小屋でしたな。こちら奥の方へどうぞ」
  さいごにシールドはちらっとおれをみた。おれはへんじゃないぞ!

「・・・うわあ、何、このモノの数・・・」
  おくはホントにすごかった! いろんないえとかおもちゃとかどうぐとかふくみたいのまでたくさんだった!!
「当店はアンテナショップも兼ねております故、グッズ関連もこの通り取り揃えております。正に盛大盛大」
「ホントにすごいね。それで、犬小屋は?」
「こちらに。ただ前回の在庫整理でかなり返品してしまい、少々種類が心もとないのですが。小生もまだまだ未熟未熟。ですが貴方方のような客も来るならば、今後はそちらに応じた商品も仕入れて・・・」
「え? というか、あなたが品物のの注文までやっちゃうの?」
「え!? ・・・あ、いやまあ、小生は優秀ですから。正に閨秀閨秀」
  カンナがきいたら、なんだかシールドはあわててさがしはじめた。どうしたんだ?
「・・ええとですな・・・、室内飼いですか? 外飼いですか?」
「中・・・ってペット扱いするなって言ったのそっちじゃない!!」
「そっそれもそうでしたな・・・。では室内用というと、犬用トイレは・・・」
「だから必要ないって」
「あ!? ああ、申し訳ありません。少々取り乱してしまいましたな。日々これ研鑚研鑚・・・」
「ねえ、ところで店主さんって何時帰ってくるの? まさか店に神姫放ったらかして夜逃げしちゃったなんてのじゃないでしょ?」
「真坂! そのような主など、こちらから願い下げでありますぞ! 心外心外!!」
  なんかこんどはかってにおこりだした。やっぱりシールドってヘンなやつ。
「・・それはいいとして、丁度いいのはあった?」
「室内用ですと、この辺りでどうでありましょうか。神姫にこのサイズであればゆうに2階分はありますぞ。値段も手頃手頃」
「ロウはこれでいい?」
  おおっ! でかくてかっこいー!
「じゃあ、これでお願いします」
「それでは家の方に発送致しましょう。小生すぐに運送屋を呼びます故」
「ありがとう。でもやっぱり手馴れているね」
「え!? あ、いや、まあ、店を開くにあたり、当然よく勉強しました故、それはもう至極至極」
「店主さん、教え上手なんだね」
「え!? ええ、当然当然・・・」
「?」

  それからうちにかえったら、もうおれのいぬごやがとどいてた。ヘンだとおもったけど、シールドってすごいな。すぐにカンナのへやのまえのろうかにはこんだ。あとでとーちゃんが2かいとかあかりとかいろいろつけてくれた。よるはさっそくなかでねた。
「・・・もう、自分の部屋が貰えるなんてロウはラッキーだよね。おやすみ」

  ・・・でも、ねてみておもった。あんまりうれしくない。だってここ、カンナがみえない。
いぬはにんげんにとってペット。ペットはいればそれだけでいいってセンセがいってた。それでやくにたつて。でもおれはいぬだけどペットじゃない、かぞく。いぬはかぞくをまもる。おれはカンナをまもる。だから・・・


   ○がつ☆にち はれ
「・・・ロウ、どうして、またアタシのおなかの上で寝てるの!?」
  またおこられた。カンナはむずかしい。



   ○月□日 曇り後小雨
  今日は迂闊にも口を滑らせそうになりましたな。ロウ君でしたな、つい珍しく同族なんぞ見たせいで浮かれてしまいましたよ。あの事がばれてしまったら、スポンサーからの出資が断ち切られてしまいます故。日々望むのはこれ安閑安閑。

「・・・まあ、神姫が1人で店舗を経営しているなどと知れれば、出資どころではありませんがな。まったくもって、世は狭量狭量、かつ複雑複雑」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー