メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

剣の目覚めは、未だ遠く(後半)




奇襲とも言える一撃を胸に喰らい、アルマのSSSは機能を発揮する間も
与えられずに脱落した。一応戦績を重ね、サードリーグとは言えど上位に
上がり始めてきたアルマなのだが、ここまで手酷い先制攻撃を受けたのは
初めてだ……よもやアルマよ、魔剣に気を取られているのではないか!?

「どうした、剣を抜かぬのか」
「うぅ……エルテリア、まだダメなんですか!?」
「両脇のはさておき、腰のは飾りか……下らぬッ!!」
「あっ……速いっ!?“アイゼンナーゲル”……きゃああっ!」

奴の、兎型神姫の拳を受けるな!……そう叫ぶ間もなく、胸に装着した
“アイゼンナーゲル”が打ち砕かれる。黒き翼……“フリューゲル”の
防御機能が死んだ瞬間だった。咄嗟にアルマは、背部の“チーグル”を
展開し、鋼の翼をもぎ取って炎の剣……“ヒッツェメッサー”と為す。

「いけないですの、アルマちゃん!その相手にチーグルは!?」
「己の浅はかさに気付いた所で……遅いわぁッ!!」
「うく……うああああっ!?痛……そんな、チーグルの隙間に」
「……純正ストラーフタイプの弱点が、そのまんま出てるんだよ」

“チーグル”の長大なリーチは、胴がガラ空きになる弱点でもある故に
近接格闘型とは相性の悪い装備なのだが、今のアルマは動転している。
普段ならば使いこなせる筈の超複合武装なのに……正確に使えない!!
最早間違いない。頻繁に動く視線も、魔剣・エルテリアに向いている。

「アルマめ……魔剣が未だ反応しない事に、動揺してしまったのか」
「く……負ける、わけには……ッ」
「その闘志だけは認めるが、雑念が多すぎるな……ふっ!!」
「ぅぁ──────ッ!?」

頭上に輝く天使の環“フライアーシュヴェルト”も展開し刃と為す……
が、そうして産まれたショーテルも、ティールの“隻腕”に砕かれる。
そう。この兎型神姫、左腕にブースターと電磁破砕ナックルを搭載した
格闘特化型なのだ。そのセンスは凄まじい……だが、アルマがここまで
完膚無きまでにやられるのは、やはり魔剣への注意が原因と言えるな。

「……あたしは、退く訳には……ッ……せぁぁぁーっ!!」
「もういい、止めるのだアルマッ!!?」
「その雑念を振り払え……そうでなければ、勝てぬぞッ!!」
「──────!?」

私がギブアップ信号を発したのと、ティールの腕に胸を貫かれたアルマが
バトル機能を停止するのは、ほぼ同時だった……完全にKO負けである。
最後の武器として構えたニードルライフルが、虚しく空に落ちていった。
そして殺戮の虚構は解除され、アルマがゲートを力無く登って出てくる。

「アルマ……お前、どうしてもエルテリアに認めてもらいたかったのか」
「はい。ごめんなさい、マイスター……でもこれで、色々分かりました」
「……その魔剣が欲する何かを、掴んだのかな?アルマお姉ちゃん……」
「うん、ハッキリと分かったんですクララちゃん。これで次は、大丈夫」

流石に苦痛と敗戦のショックは大きく、彼女に笑顔はない。だが死地に
得る“何か”があるならば、この痛みとて決して無駄ではないだろう。
とは言え、今すぐ“次”をさせる訳には行かない。負担が大きいしな。

「じゃあ残念会って事で、皆でおやつでも食べにいきますの~♪ね?」
「ろ、ロッテちゃん?じゃない、葵ちゃん?……有り難うございます」

暗い雰囲気を撃ち破ったのは、葵だった。満面の笑顔でアルマを抱いて、
“残念会”を提唱したのだ。流石ロッテ、分かっているな……有り難い。

「礼など構わぬ。成長出来る時なのだ、これも楽しもうではないか!」
「何処に往くか、帰り支度しながら決めるんだもん。さ、お姉ちゃん」
「……ぐす、本当に皆……有り難うございます。あたし、あたしっ!」

感極まったアルマが、葵の胸元で泣き出してしまう。私の胸中にも、少々
来る物がある故、葵とサンドイッチにする様にしてアルマを抱きしめる。
そして私の肩から降りたクララが、アルマを抱き撫で続ける……傍目には
私と葵が抱き合って泣いている様に見えるかもしれない。だが、構わぬ!

「……ふん。雑念は解けたか、戦乙女の一人よ……アルマと言ったか?」
「む?貴様は先程のヴァッフェバニー、ティールか……妹に、何用だ!」

そうしていると、帰り支度を終えた“ティール”が私達に話しかける。
オーナーの方は凡庸な男だ……取り立てて注目するまでもないだろう。
だが、彼女は違う。冷徹な瞳とアンバランスな隻腕が印象的な神姫は、
アルマの様子をつぶさに観察している。侮蔑とは違う戦神の目で、だ。

「……はい、貴方の一撃で目が覚めました。このお礼は、勝つ事でッ」
「いい返事だ。私を倒さねば、セカンドへ上がる事は無理だと思え?」
「は、はいっ……近い内必ず、ティールさんを倒してみせますよっ!」

その言葉に満足したのか、何も言わずにティールとそのオーナーは去る。
奥手なアルマが、ここまでハッキリと宣言するという事は……恐らくは、
本当に自分がどうあるべきか、見えたと言う事なのだろう。良い事だな。

「さ。わたし達も帰り支度を整えて、早く遊びに行きますの~っ♪」
「葵お姉ちゃんは、何時でも前向きで明るいんだよ。美徳なのかな」
「きっとそうなのだろう、私とても……アルマにもクララにもな!」
「ふふ……助かります、本当に。武装脱ぐから待ってて下さいね?」

──────見出した物は、なんだろうね……?







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー