メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  朝。
  朝が来た。
  マスター風に言うならば清々しい朝。もしくは、爽やかな朝。
  とにかく、私は内蔵された自動起動機能によって目を覚ました。
  起きたからにはやる事がある。
  ベッドであるクレイドルから上体を起こしての状況確認。
  玄関―――朝刊が届いているのを確認、鍵もチェーンもかかったまま。異常無し
  窓―――カーテンの隙間から天気を確認。予報通り快晴。鍵も閉まっている。異常無し。
  ちゃぶ台―――マスターの財布を確認。休止前との異常は検出されず。異常無し。
  ベッド―――マスターが眠っている、今のところ異常無し。
  時刻―――現時刻、午前7時30分。講義開始が午前9時30分。マスターの行動予想。このまま起こさない場合の起床時間、9時。
  行動、開始。
  私はぴょいん、とクレイドルから飛び降りる。クレイドルはマスターのベッドの枕元に置いてあり、飛び降りた先はマスターの顔の直ぐそばだ。
  何時もは気難しげな表情をしているが、この時だけはいつも穏やかだ。まるで死んでるみたい。
  ……心なしかマスターに睨まれた気がする。次は潰されそうだから本来の仕事に移るとしよう。
  ベッドの隅に立てかけられた30cmの鋼尺、それを両手で抱えるように持つ。
  人間からしたらそれ程でもない重量だろうが、神姫である私からしたら結構な重量を感じるそれを、肩に担ぐように構える。
  そして、腰を軸に上体を回転させる。
「―――ッ!」
  ばこん、という音と共にマスターが飛び起きた。
  頭を押さえて涙目でこちらを見ている。
  その視線を受けながら、私はこう言うのだ。
「おはようございます、マスター。今日も良い天気ですよ」
  それが私の日課。
  武装神姫、ナルの一日の始まりなのだ。


  今日も今日とて大学へ向かうマスター。
  そしてマスターの胸ポケットの中に納まる私。
  マスターが一歩歩くごとに身体が数cm程上下する。
  これが人間換算だった場合、人は酷く酔ってしまうと聞いた事がある。
  全てを人間に準じて作られた私がそうならないのは機械的に制御が成されているからか、それとも個体差なのだろうか。
  そんな事を考えていると、空が翳った。
「……ハトか。珍しい」
  マスターが呟いた。
  人には聞こえそうもない小さな呟き。しかし、私の耳はそれを捉えた。
  それは私の聴覚が人間よりも優れているという点もあるが、マスターの身体から声の震動が伝わったというのもある。
「このご時世、こんなところで鳩を見れるとは思いませんでした」
  私は率直な感想を言った。
  私に内蔵されている基本データの鳩に関する項には2036年現在、鳩の生息数が激減しており、絶滅危惧種一歩手前であると記されている。
  そして、日本で野生の鳩が生息しているのは浅草だけだとも記されている。
  ここは浅草から少し距離がある。飼われた鳩にしろ野生にしろ、少々貴重な体験だと言えた。
「餓鬼の頃はそこそこ見かけたんだがなぁ」
  そう言うと、マスターは空を仰いだ。
  その表情を窺い知ることは出来ないが、きっと私の知らない遠くを見ているのだろう。
  私がマスターと出会ってもう5年になる。
  この5年間、色々な事があった。
  だけど、まだ私はマスターの全てを知っている訳ではない。
  マスターが見たもの、マスターが感じたもの、マスターが知ったもの。
  私が知らない、マスターの要素。
  マスターという人間を構成するピース。
  それを、私も共有する事が出来るのだろうか。
「……暇があったら実家にハト探しに行くか」
  さっきよりも小さな声、だけど、はっきりとした声でマスターが言った。
  その視線は真っ直ぐ前を向いている。
  だけど、私にはその先にあるものがわかる気がした。
「楽しみです」
  大学は、目と鼻の先だった。


  今日の講義は一限から五眼までフルに入っている。
  一限目は工業数学。マスターが最も苦手とする教科で、マスターは今にも死にそうな顔をしている。
  私はというと、教室の机の上にぺたりと座り、周囲を伺っている。
  この教室はそれほど広くは無く、人と人が接触しやすい。周囲を見れば3,4人のグループで固まってるのが殆どで、一人で難しそうな顔をしているマスターは少し浮いている。
  元々人づき合いが良い方では無いので、大学内の友人は研究室の方くらいしか見た事が無い。
  他愛無い雑談のざわめきの中、マスターは一人教科書を睨んでいる。
  少しでも頭に入れておかないと刺されたときマズイそうだ。
  暫くして、教授が現れた。その瞬間に水を打った様に静まり返る様は何時見ても面白い。
  講義が始まった。
  教授は説明を交えながら黒板にチョークを滑らせている。生徒はと言えば、黒板の例題や問題を写し、それを解く為に頭を絞っている。
  無論、マスターもその一人だ。
  シャーペンをくるくる回しながら、左手で頬杖をしている。その眼はノートに突き刺さっており、とても鋭く、険しい。
  暫く微動だにしなかったマスターだが、目だけが動いた。
  その先にいるのは、私だ。マスターの言わんとする事は手に取るように分かる。
  確かに私は機械の類だ。計算は得意中の得意。朝飯前だ。
  しかし、だ。
「マスター、こういうのは自力でやらねば意味がありませんよ?」
  マスターは苦虫を噛み潰した様な表情をし、再びノートを睨んだ。
  何事も経験ですよ、マスター。

  講義を終えたマスターは随分と憔悴している様に見える。
  覇気が無いというか、精気が無いというか。とにかく元気がない。
  マスターの胸ポケットの中で揺られながら私はそう思った。
  しかし、それも仕方ないのかもしれない。
  その理由は次の講義がマスターの苦手科目No.2、文章演習だからだろう。
  この講義、平たく言えば作文の講義なのだが、マスターは文字を書くとか本を読むとかそういう類の事が大の苦手なのだ。
  レポートにおいてもそれは健在で、毎回必ず再提出の烙印を押されている。
  そういう訳でマスターはこの講義が苦手という訳だ。
  重々しい足取りで教室移動をするマスターは、さながら亡者だ。
  瞬間、身体に衝撃が走った。突然の事だが、頭は冷静に動いている。
  とりあえず、私の身体は空中にある。身体は一回転していて、頭から真っ逆様に落ちる格好だ。
  とりあえず状況を確認すると、マスターが尻餅をついていて、その上に人が覆いかぶさっている。
  マスターは後頭部を押さえていて、覆いかぶさってる人間はぐったりとしているのが上下逆さまに見える。
「…わわっ、大丈夫ですか~!」
  何ともマヌケな声が聞こえてきた。
  その声の主はマスターに覆いかぶっている人間だ。
「いいから、どいてくれ」
  マスターが不機嫌そうに言った。それを聞いたその人はあたふたしながらやたら危なっかしくマスターの上からどいた。
  それは女の人だった。
  そして、床と私の距離はもう無い。ぶつかる。
  何時もなら直ぐに体制を立て直す事が出来るのに、反応が遅れた。どうしよう、とか思ってたら、
「……ゎっ」
  思わず変な声が出た。それは身体に慣性の力が働いた事による反作用だ。
  視界は未だ上下逆転したままだ。前髪が床についている
  足首を見ると、誰かに掴まれている。 
  白い手、白い腕、白い身体、白い髪。
「……ストラーフ?」
  思わず疑問が口に出た。だって、そこにいたのは白い神姫。
  白い神姫と言えばアーンヴァルな訳だけど、その顔はどう見たって私と同じ顔。ストラーフなのだから。
  しかし、このストラーフ無表情である。目が合っているのにあちらさんは瞬き一つしないで私をじっと見ているのだ。
  なんて事考えていたら、彼女は唐突に私の足首から手を放した。
  手を付いて一瞬逆立ちの体勢、今度は身体全体を使ってくるっと周る。よし、上下正常な世界だ。
  私は改めてストラーフを見た。私は量産機なので私と同じ顔を見るのは少なくない。その中には様々なカラーバリエーションのストラーフがいたが、ここまでまっ白いストラーフは初めて見た。
「わ、私ぼー、としてて、その、あの……」
  頭上からマヌケな声が降ってくる。その声の主はマスターに対し平謝りだ。
「……今度から気を付けてくれ」
  マスターはバツが悪そうに言うと、私を拾い上げた。
「大丈夫か?」
「あのストラーフのお陰で」
  私はマスターの手の中、視線をあのストラーフへと向けた。
  そのストラーフはマヌケな女の人に抱きかかえられている。
マスターの逡巡する気配が漂った。
「……名前を聞いても良いかな?」
  その視線はマヌケな女に人に向けられている。
  当の本人は、一瞬ポカーンとした後、金魚みたいに口をパクパクさせている。
  かと思えば大きく深呼吸をし始めた。3度深呼吸をした彼女はようやく口を開いた。
「えと、その、わた……私、環境心理学科の、君島、です」
  まるで息も絶え絶え、死にそうな様子で君島さんとやらは言った。
「それで、この子は、アリスって、言います」
  そういって胸に抱える白いストラーフ、アリスを一瞥した。
  しかし、このアリスとやら、マスターである君島さんと違い本当に無表情だ。
「僕は倉内 恵太郎。君島さんと同じ環境心理科です」
  マスター自慢の猫被りが発動した。さっきまでの不機嫌ぷりは何処へやら、今は完璧な爽やか系好青年だ。
「この子はナル」
「どうも」
  私は軽く会釈した。
「アリスちゃん、僕のナルを助けてくれてありがとう」
  マスターの言葉を無表情で受け止めるアリス。それに対して君島さんはやたらおどおどしている。ここまで来ると面白い。
「……いい」
  アリスがようやく口を開いた。にしても驚くほど無機質な反応だ。……CSC入ってないんじゃないだろうか。
  その時である、場違いな声が響いたのは。
「おはよう! けーくん!」
  どっから顕れたのか、孝也さんがマスター目掛けて飛び付いてきた。
「おはよう……っと!」
  そしてマスターは孝也さんの顔面に右フックを叩き込んだ。
  孝也さんは派手な音と「ぐべぇ」みたいな呻き声を上げてゴミ箱に突っ込んじゃった。
「ふぇ?…え? え?」
  案の定、君島さんが目を白黒させている。
「ああ、いつもの事ですよ」
  マスターは相も変わらず爽やかを装っている。
「そう、僕とけーくんのスキンシップは何時でも過激なんだ……」
  何時の間にやら孝也さんがマスターの傍らに寄り添っている。相変わらず復活が早い。
「そ、そう、なんですか」
  駄目だ、完全に怯えている。
「マスター」
「……じゃあ、次の講義がありますんで僕はこれで」
  私の言わんとする事が伝わったようだ。
  マスターは孝也さんの首を鷲掴むと、笑顔で歩き始めた。
「ところでけーくん、今の人は? ……けーくん、首が痛いよ~。……けーくん、絞まってる! 何か凄い締まってるよ!? 何! 僕が何かした!? 嫌だ! 離して! 話せば解る!……アーーーッ!」


  残された君島は暫し茫然としていた。
  まるで嵐のような出来事に頭の処理が着いて行っていないのだ。
「……ましろ」
「ふゃいっ!?」
  普段は全くの無口&無表情なアリスが君島を、君島ましろの名を呼んだ。
  その事に君島は飛び上るほど驚いた。自分の神姫なのに。
「……紅」
  一言。言葉ではなく単語。
  アリスのその短い説明でも、君島はすぐに理解出来た。
「あ、あの人が、そう、なの?」
  口調は変わらない。しかし、その目の鋭さは先ほどまでの少女とは到底思えない鋭さだ。
  その鋭い視線を恵太郎が去って行った方向へと投げかける。
  見えない何かを見るように、見えない何かを値踏みするように。
「じ、じゃあ、やっつけなきゃ、あの人」
  まるで近くのコンビニに買い物に行くような気軽さ。
  反して、命を賭けた血戦に赴くような切迫さ。
  奇妙で歪んだその少女の名は君島ましろ。
  ましろを知る人間は彼女をこう呼ぶ。
  白の女王、と。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー