メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Elysion 第2話 「学園」




私立華百合(はなゆり)学園

 ここは全国でも珍しい、神姫を受け入れた学校である。
 この学校では、生徒の所持する神姫にも制服を着せ登校させるという、
 極めて異例のシステムが存在する。
 隣接する敷地内に高等部、大学部を持ち高大一貫教育を行っている。


百合原(ゆりはら)さ~ん」
その日の放課後、帰り支度を始めていた百合原さんに声をかけた。
「ちょっといいかな?」
「あら香織ちゃん、どうしたの?」
「実はさ~、神姫を買ったんだけど・・・・学校の手続きとか解らなくて」
「あ、ついに買ったんだー!ねね、どこで何を買ったの?」
「エリュシオンってとこで、エウクランテ型ってやつ」
「あ~、あそこ・・・・・ん・・・?エウクランテ?」
「店舗用サンプルを売ってもらったの」
「そっかー・・・あ、手続きだったら事務室に行って用紙をもらえばOKだよ」
百合原さんとは高等部3年のいままであまり親しく話したことはなかったんだけど、
こういうときは頼もしい委員長さんである。
とりあえず・・・と、内線で事務に話を通してくれた。

「ねぇ、今日もそこ行くの?」
「うん、帰ったらね・・・・それじゃありがと~~!」
早く帰りたい私は、居ても立ってもいられず事務室へ走った。
「うん、また後でね~」
そして百合原さんは、廊下は走らないでね、と笑って付け加えた。


「ただいまー!リルハ、着替えたら出かけるよ~」
家に帰った私は、さっそくクレイドルで寝ていた私の神姫、リルハを起こした。
「ん~・・・・カオリおかえり、どこ行くの~?」
まだ眠そうな目をこすりながら・・・・そんな仕草も超絶かわいいっ♪
「エリュシオン、リルハを買ったお店だよ~」
さっくりと着替えた私は、リルハを連れエリュシオンへ自転車を飛ばした。


駅から距離にして337m、徒歩ならおおよそ704歩くらい。
新東京神姫センターと書かれた大きな建物に隣接して・・・というより
ほぼ同化したそのお店の前で自転車を止めた。
「カオリ、ついた~?」
「うん、ここだよ~♪さ、中に入ろう」
「うん」

ウィ~ン

「いらっしゃいませ~」
店の中には大勢のお客さんと店長さん、そして
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「あら、香織ちゃんどうしたの?」
「ななな・・・・なんで百合原さんがここに・・・」
「さっき言いましたよ、『また後でね~』って」
そんなこと言ってたっけ・・・・言ってたかも?
私と百合原さんがそんなやりとりをしていると、店長さんがそれに気づいて
「・・・・ん・・・知り合い?」
「あ、叔父様。ええ、クラスメートです」
「え・・ええ?おじさま??」

百合原さんって店長さんの親戚だったの??
なんてプチパニックしながらふとリルハの方を見遣ると、なにやらお客さん達が
リルハに群がっていた。
 "おお、これが例の新型か~!" "かわいいな~"
 "神姫もかわいいけど、おれは持ち主の女の子が・・・"
「あれ?え・え・え・・・?」
いつの間にか私までが、この店の男性客に取り囲まれていた。
いま気づいたけど、いま女性は私と百合原さんしかいないじゃん・・・!
百合原さ~ん、笑って見てないで助けてよ~~!

絶体絶命のピンチ(このときは本気でそう思ったんだよ!)に現れた小さなヒーローは
輪の中心、私とリルハのところへすぅっと降りてきて
「は~いみんな~、ブラッディ・カーニバルの餌食になりたいのは誰かな~?」
その闇捌(やみさばき)の一言で、大勢の男性客は一斉に店内に散っていった。


「ところで香織ちゃん、どんなご用?」
「そうだった、リルハの事なんですが・・・」
そう言ってリルハを見せると、店長さんは少し難しい顔をした。
「どうしたの、叔父様?」
「う~ん・・・どうも製品版と違うような・・・・ちょっと調べていいですか?」
「え・・・あっはい」
「では、少しお借りします」
店長さんはそう言うと、脇の作業台にリルハをちょこんと座らせた。
「とりあえず、そこの雑誌の新型の紹介記事を見てみて下さい。」
「どれどれ・・・・あれ?・・・叔父様これって・・・・」
私はなにげなく見ていたが、百合原さんは何かに気づいたようだ。
「そうなんですよ・・・・外見にエウクランテとイーアネイラの特徴を持っているんです。」
「叔父様、それって・・・・?」

「やっぱり・・・香織さん、これを見て下さい。」
店長さんはそう言って、1枚の紙を寄越した。
「店長さん、何ですかこれ?」
「香織ちゃん・・・・ここと比べてみて。」
そう言われて見てみたが、数字が並んでるだけでさっぱり解らない。
「あの~・・・・・この数字が何か?」
「あのね~、香織ちゃん。これはスペック表と言って、ここにある程度の性能が書かれてるの。」
百合原さんが助け舟を出してくれたけど・・・・ごめん、やっぱわかんないや。
「他のも多少違いますが、問題はここ、水中特性。」
「あ・・・なんですか、この違い」
「そしてこちら側を見ると・・・・・」
「あ、数字が同じだ!」
「そうなんです、それぞれの数値で双方の性能の高い方が選択されているんですよ。」
「叔父様、と言う事はつまり・・・・?」
「多分、この2体共通のトライアル用プロトタイプですね・・・・」
ふたりでなにやら熱心に話していた・・・・っていうか、ふたりともいちいち私に説明してくれた
のだけど、私には半分も理解出来なかった。

「カオリ~、お買い物は~?」
そうそう、リルハに言われるまですっかり忘れてた。
「すみません、神姫用の服はどこですか?」
「こっちよ香織ちゃん」
「あっすみません、百合原さん」
「ねぇ香織ちゃん、そろそろその百合原さんって呼び方止めてもらえるかしら」
「えっ・・・でもなんて・・・・」
「名前でいいわよ、友達なんだし」
「う・・・うん」
呼び捨てはさすがにきついよね・・・・じゃあ・・・・
「さ・・・・沙雪(さゆき)ちゃん、でいいかな?」
「ボクもサユキって呼んでいい?」
「ええ、いいわよ」
 ・・・・無邪気なリルハがちょっとうらやましい。
「サユキ、ボクに似合う服あるかなぁ?」
「もちろん♪」
そして服と、沙雪ちゃんおすすめの小物をいくつか買って私達は家路についた。
帰りがけに目にしたアルバイト募集の貼り紙のことを考えながら・・・


「やっぱ、バイトしよっかな~・・・・」
「カオリ・・・・・」
「ああ、お金じゃなくて知識ね。そりゃ、お金もあった方がいいけどさ・・・・」
「ってことは、さっきのお店?」
「そそ、喫茶&MMSショップ エリュシオン。知識も入るし、神姫持込OKも魅力」
付け加えると、時給もちょっと魅力♪
「ボクも一緒に行けるの?」
「もちろん、リルハも一緒に働くんだよ~」
「ボクもやってみたい!」
「よし、そうと決まったら明日学校から帰ったら行ってみよう」
「うん」
「それじゃ、今日はもうお風呂入って寝よう~」
「は~い」
そういえばリルハは水中特性が高いとかなんとか、ふとさっきの話を思い出していた。


このページの訪問者数: -





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー