メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  肌に感じる世界、微風。耳に響く世界、変わらぬ雑踏。ライフルスコープ越しの世界、捉えた少女。後必要なものは、指の一握り、のみ。
「・・・でもなあ、やっぱりさくっと撃っちゃった方がいいのかなぁ・・・。でも外しちゃったらマズいし、やっぱり様子見ようかなぁ・・・」
「アッシュ~! 何ボケっとしてるんだよ! コムスメ一人で護衛も居ないじゃない? 絶対一発でイケるって! このコクヨウちゃんが言うんだから間違いないって♪」
  悩むボクを後押しする、軽快な悪魔の囁き。くるくると俺の頭上で舞って囃し立てる。う~ん、そうしよっかなぁ・・・。
「いえ、ヨウの言う事は間違いですっ! 標的の方は神姫も連れていますし、もしかしたら護衛もアヤ達と同じように隠れているかもしれません! このアヤシロの言うとおりに、もう少し様子を見ましょう、マスター♪」
  悪魔のダンスを制止したのは、当然ながら天使。優しく、けれど強く俺を諭す。う~ん、やっぱりじっくりやった方がいいのかなぁ?
「なんだと~! ヨウが間違ってるって言うの! どう見たって楽勝じゃん!! アヤは判ってないなあ~」
「いえ、ヨウこそ判ってません! 石橋を叩いて渡るってことわざもあるように、慎重に状況を見るに越した事はありません!」
「う~ん、結局どっちがいいんだろうなぁ」
  ボクの葛藤をトレースするような、頭上の天使と悪魔の口論。う~ん、どうしよっかな~。

  ・・・あ、こういう場合ってやっぱり自己紹介しておくべきなのかなぁ?
「しなきゃダメ!!」
「アヤ達の事もですよ!!」
  ・・という訳で、ボクの名前はアッシュ(通称)。頭上の2人はボクの神姫で、悪魔型のコクヨウと、天使型のアヤシロ。職業は、狙撃銃構えている所からわかる様に、一応暗殺者。成功率は・・まあ、いい方なのかなぁ? 悪い方かもしれないなぁ・・・。
「ちゃんと毎回報酬貰ってるんだし、100%だよ100%!」
「でも、毎回依頼人の意向に沿っているとは言えませんし、よくターゲット捕り逃す事もありますよね?」
「それはアヤが慎重すぎるからじゃん!」
「違います! ヨウが乱暴すぎるからです!!」
「そうなのかなぁ・・・。あれ? 何か光って・・?」

   標準、狙撃。轟弾直撃、墜落。
「うぎゃー!? オレっちまだ何もパクって・・・ゴフゥっ!」

「・・!!? 狙撃された!!・・・のかなぁ? 一応こっちの方に飛んできたけれど、けどなぁ・・・」
「アッシュ、大丈夫だよ! 今のって神姫に当たったし、撃った方も神姫だから当たっても大した事ないよ!」
「いえ、この場を離れるべきです! たまたま通行人(?)に当たっただけで、こちらの位置は知れてる筈です!」

   標準、狙撃射撃銃撃。直撃直撃直撃。
「え、ちょ!? イカロス、オマエ何で落ち・・・ぎゃあっ!? 痛ぇ!!!」

「ホラ! また撃ってきたけど、今度はちょっと違う方向だったじゃん! やっぱりヨウ達じゃなくってあの撃たれた人間を狙ったんだよ最初から!」
「やっぱり、そういう事なのかなぁ?」
「ダメです! 早くこの場を離れましょう! あの撃たれた男性の後ろにいる方を見て下さい! あれはきっと隠れていたターゲットの護衛です! やはり護衛がいたんですよ!!」
  どうも今回は、アヤシロの言う通りらしい。ターゲットも逃げ出してしまったみたいだし、ここからの狙撃は無理そうだ。
「マスター、アヤの言った通りでしたよね? 早く追いかけましょう!」
「うんまあ、そうみたいだねぇ」
「くっそー! 今のはたまたまだよ、たまたま!!」


「それで、ターゲットが入っていったのはあの廃ビルだよねぇ」
「丁度解体作業中らしいですよ」
  アヤシロの言う通り、廃ビルには爆破解体用のケーブルが張り巡らされているのを今いるビルに登る前に見た。ターゲットはその廃ビルの窓際に立っているのがかすかに見える。
「でも、どうしてそんな所に入っていったんだろうなぁ? 偶然かなぁ? 何か作戦かなぁ?」
「ここは慎重に行きましょう。この位置からではライフルも撃てませんし、何が待っているか・・・」
「お~い、いいモノ持って来たよ~♪」
  アヤの言葉を遮って、途中で別れていたコクヨウがボクの元に飛び込む。持っているのは、スイッチ、なのかなぁ?
「ね、コレ、あの廃ビルの爆破解体用スイッチだよ! ここの現場にシビルって友達がいてさ~、場所聞いて休憩している所見計らってかっぱらってきたよ! ね、ね!ヨウって偉いでしょ?」
「うんまあ、偉いと思うけど・・・」
「ダメですっ! もしターゲットが考えあってあのビルに逃げ込んだのでしたら、そんな事をしても無駄ですよ!」
「成る程、そうかもしれないなぁ・・・」
「大丈夫だよ! 一気にやっちゃえば小細工なんて関係ないって!」
「それも、一理あるねぇ」
「マスター! こんな泥棒悪魔の言うことなんて気にせず、先ほどの様に慎重に行動しましょうよ!」
「あ~! 言わせておけばこの臆病天使~!! もういいもん! スイッチ押しちゃうもんね、ポチっとな!」
   起、動。
  ヨウが起爆スイッチを入れると同時に、眼前のビルが揺れ始める。あれ? 一緒に隣のビルまで揺れているような気もするけどなぁ?
「・・・・あ、コレ、隣のビルのスイッチだった。ごめんアッシュ」
「え? でもターゲットの居るビルも揺れてるけどなぁ?」
「あれ! 隣のビルの屋上に居るのは、さっきの護衛じゃありませんか?」
「・・・そ、そうだよ! ここって護衛たちの集合場所なんだよ! だからヨウは一網打尽に・・・」
「あ、でもターゲットも逃げた。やっぱり、追わなきゃだよねぇ」

   振、動。爆発爆発爆発爆発、崩壊、崩落。


「・・・ともかく、ターゲットには逃げられちゃったけど、ヨウの考え通り護衛は倒せたでしょ?」
  経緯はともかく、ヨウの作戦が今回は当たったらしいねぇ。結果的に1人(と1姫)になったターゲットを追跡するのは簡単だった・・・のかなぁ? けっこう走った事は走ったし。けど邪魔されなかったからやっぱりラクだったかなぁ。
「む~、ヨウの乱暴な方法が上手くいくなんて信じられません! きっと行き当たりばったりに・・・」
「ともかくさ、ホラ、ターゲットはあのビルに入っていったよ。狙撃できる場所に先回りしようよ!」
「うんまあ、そうしようかなぁ」

「・・・あれか。あいつの言ってた、妹を狙う殺し屋って言うのは」
「そうみたいやな。ヒメガミちゃんを殺らせる訳にもいかへんし、いっちょシメとこか」


  対面のビルの屋上に上がり、俺達が狙撃の準備を済ませると、ターゲットが丁度良くボク達の前に身をさらす。何かの事務所、なのかなぁ? そんな感じのドアの前で立ち止まっているのが見える。護衛や余計な人影も見えない。
「さてと、今度こそ撃つだけなんだろうけど、う~ん、どうしよっかなぁ?」
「マスター、何を迷っているんですか? ここまで来たのでしたら、後は一息に楽にして差し上げましょう」
「そうそう、さっさとブチ込んでピーピー泣かせればいいじゃない!」
「う~ん、だからそこなんだよねぇ」
  実は、ターゲットであるヒノカミコーポレーション社長を暗殺、もしくは『もう社長辞めたい~!』って言わせるのが今回の依頼内容だった。だから撃ち殺す必要は無いんだけど、でもなぁ・・・
「どっちの方がラクなんだろうなぁ?」
「そんなの泣かすほうがラクに決まってるよ! 社長って言ったって19歳のコムスメなんだから一発肩でも撃っちゃえばすぐ泣いちゃうって!」
「いえ、一思いに殺ってしまうべきです! 彼女は19という若さで社長にのし上がった強者ですから少々の脅しには屈しないでしょう!」
「ってアヤ! アンタ天使のクセに殺戮上等ってどうなのさ?」
「ミミズだってオケラだってアメンボだっていつかは死ぬんです! マスターの生活の為ですから、それもやむなしです! ヨウこそ、悪魔のくせに怖気ているんでしょう?」
「いや、だって~、血がどば~ってのはやっぱりちょっと怖いし~、ミミズやオケラならいいけど、人間って殺ったら呪われそうなんだもん・・・」
「う~ん、結局どっちがいいんだろうかなぁ?」
「殺ってしまうべきです!!」
「いーや殺らくてもいいって!!」

「つーか殺るな。ダチの妹なんだから」

「「「!!?」」」
  驚いて振り向けば、そこに居たのはトカレフを構えたとっぽい男。あれ、もしかしてこの人は・・・でも人違いかもしれないしなぁ・・・。
「何処の誰だか知らないが、勝手に暗殺とかやってもらっちゃ困るんだよな・・・って、どこかで見た顔だな・・・。あ、お前アッシュか!」
「あ、やっぱりハサミですか!! 久しぶり・・・かなぁ? でも2,3年なら十分御無沙汰でいいよねぇ・・・」
「相っ変わらず優柔不断だな」
  ボクは旧友である松代鋏と硬く握手する。こんな所で会うなんて奇遇だなぁ。よく見れば彼も神姫を連れている。奇遇だなぁ。あれ、でも彼女はボクに不振な眼差しを見せている・・のかなぁ?
「ハサミぃ、アンタ殺し屋のダチまでおったんか? 何時知り合ったんや?」
「ああ、警察時代。懐かしいなあ、一緒に脅迫状で狂言誘拐とかしたよな」
「現金輸送車も襲撃したよねぇ」
「・・・今更、深くはツッコまんでおこか。ともかくあの娘の暗殺は諦めてもらわんと・・・」

   轟、大爆発、爆炎爆炎爆炎、炎上。
「きゃああああぁあ!!」

「・・・・・・・あれ?」
「おいアンタ!! 何してんねん!!」
「いや、ボクは何もしてない・・・」
「っておい!!! 吹っ飛んだのって俺の事務所じゃねえか!!!」
「ヒトサマの愛の巣に何しとるんアンタ!! 頚動脈ブチ切ったろか!?」
「マスターは何もしてません! だってほらターゲットは生きて・・・」

「こんなヒドい目に会うなら社長辞める~!!!」

「・・・あ、アッシュ、依頼達成しちゃった・・・よ?」
「・・・そうみたい、ですね・・・」
「やっぱりアンタか~!! ハサミのダチやと思うて甘く見とったら~!!!」
「いやホントにボクじゃないって! いや、でもしようとしてたのはボクなんだし、やっぱりボクのせいかなぁ?」
「・・・アッシュ、こういう時くらい優柔不断止めろよ」
「そう? 判った。じゃあ・・・ちゃうねん」
「何で関西弁やねん!!」

   ちゃんちゃん?






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー