メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  人通り少ない路地を歩くのは、見目麗しき少女。見慣れぬ土地、危うげな世界を歩くかのように、不安げにお顔を霞めておられます。
「ねえ、ルカさん・・でしたっけ? 本当に貴女で大丈夫なの?」
「あんなー、うちきはれっきとした護り屋なんよー。ヒメガミちゃんはアヒルボートに乗ったつもりで任せてな~」
  かの方は独り言を・・・否、その前方に居る小さな影、神姫と会話をしておられるました。信じがたい事でありましょうが、そのヴァッフェドルフィン型神姫のルカと申す者は、かの方のボディーガードとして雇われた者なのでありました。
「でも、依頼したわたしが言うのもなんですけど、神姫じゃ大したことは出来ないんじゃないの?」
「そんな事ないんよ~。うちきはちゃーんとキナねえやんに色々教わったもん。『デザインナイフで出来るうさぎリンゴ!』やら『ゴッキー捕獲用ブービートラップ!』や『「身の周りのものでカンタン拷問術♪」やらな~」
「・・・違う意味で、不安になったんですけど」
  ・・・私めは、最初からでございます。

  本来ならばかの方には相応の護衛がついて然りなのですが、普段より従者嫌いであり、また今回は一層目立ちたくないとの理由で、信頼できるらしい提供者からとは言え勝手に神姫なぞを護衛に決めてしまわれたのでした。
ああ、そう言えばかの方、ヒメガミ様の御説明がまだでしたな。ヒメガミ様はかの大企業、ヒノカミコーポレーション前会長の孫娘であり、先日齢19にして同社の社長に就任した、とても才知あるお方なのです。その穴を突く的確な指導力、そして神姫産業を軸に会社の業績を倍近くに跳ね上げた経営手腕はもとより、御母様より受け継ぐプラチナブロンドの御髪と碧眼、清潔感の中にも見た者を魅了して止まない妖艶さをはらんだ笑顔。そして抜群のプロポーションは上からはち・・・え? 私情を挟み過ぎですと? いえいえ、私めはただのナレーションにございます。一切の事は客観的にのみ申したまで。ともかく、その地位ゆえ、不穏な輩より狙われる事も少なくないお方なのです。まあそのジーンズに半袖パーカーというお忍びのラフな変装をなされている今ですら、通りすがる人々が振り返るほどのお麗しい外見からして狙われるのは至極当然・・・
「うひゃぁ!? この悪寒は、もしかして・・・」
「どしたん、ヒメガミちゃん?」
「いえ、このわたしを嘗め回すような陰湿な気配があのビルの辺りから・・・それも護衛と評してのピーピングや盗聴やストーキングが大好きなうちの執事みたいな気がして・・・」
  随分と犯罪者のような言われよう、心外ですね。私めの行動は法を逸脱こそすれど全てヒメガミ様の為に・・・いえいえ、私めは只のナレーションですよ。
「じゃあそのひつじって、悪い奴なん? そんならこのねえやんから貰ったひごーほーとかいう名前のスナイパーライフルでお見舞いしよか~? うちきの腕ならあのビル・・・え~っとなんたら光~・・」
「興光ビル? あれがどうかしたの?」
「ちゃうねん。見えてるけど読めへんねん。ともかくアレっくらい遠くたって一撃なんよ~。更に特訓のすえな~、邪まっぽい気配を感知して、姿が見えなくても狙撃出来るんよ~」
  邪悪な気配を察知して狙撃とは、かの神姫も護衛に見合うだけの素質を持っているようですね。これでは私めが燻り出されるのも時間のもんだ・・・いえいえ、しつこいですが、私めは一介のナレーションですから。

「あ~、早速邪ま発見~」
  何!? もう見付かったのですか!?
   標準、狙撃。轟弾直撃、墜落。
「うぎゃー!? オレっちまだ何もパクって・・・ゴフゥっ!」

「・・あれ? 命中したみたいだけど、今のって神姫じゃないの?」
  どうやら、銃弾は近くを飛んでいたエウクランテ型に当たった模様ですね。驚き損でしたか。しかし、安堵してもいられぬ模様です。
「あ、ちゃうねん。今のはうちきと同じくらいの大きさの邪まと間違えたんや~。人間はもっとでっかい邪ま狙うんな。・・・あれやな~」

   標準、狙撃射撃銃撃。直撃直撃直撃。
「え、ちょ!? イカロス、オマエ何で落ち・・・ぎゃあっ!? 痛ぇ!!!」

「・・・今のも関係なさそうな人だったんですけど?」
「ちゃうねん。うちきはちゃんと狙ったんや~」
「本当に~?」
  ・・・ふう、とっさに先程の神姫のオーナーらしい方の陰に隠れたものの、意外と侮れませんな。もう少し警戒してスト・・・いえ、ナレーションを続けなければいけませんね。おっと、そうこうしている内に二人が駆け出してしまいました。
「ともかく、2人も誤射してしまったんだから、騒がれない内に逃げましょう!」
「了解~。うちきに付いて来てな~」


「・・・それで、どうして辿り着いた先が目的地と全く違う廃ビルなのかな?」
「ちゃうねん。うちきは道間違った訳やないねん」
「じゃあどうして?」
「地図見てなかったねん」
「もっと悪い!!」
  私めが隣のビルに追いついた時には、割れかけた窓際から覗いたヒメガミ様はかなり不機嫌そうでおいででした。より見知らぬ場所へ迷いこんだ不安からでしょう。やはり問題ですねあの神姫は。しかもよく見れば、顔はすす汚れ、服は所々破けてまでおいでです。なんという事でしょう。今すぐにでもお召し物を届けに上がり・・・いえ、今の私はナレーション、悔しいですが職務を真っ当(?)しましょう。
「大体、あまり無茶な道を通るのは止めてよ! お陰で体がやっと通る路地を抜けたり、腐った蓋板踏み破って側溝に足突っ込んだりしてボロボロなんだから」
「あんなー、うちきは十分広い道通ったんよ~?」
「わたしと貴女じゃ体長が違いすぎるの!」
「あー、そっか~」
「全く・・・あいた!?」
「頭ぶつけたん? 前ちゃんと見てなかったん~?」
「だから目線が違いすぎるの! それにここ、床にやたらとコードがあるから足下も見ないと転びそうだし」
「そうなん~?」
  私の位置からではビル内部までは見れないのですが、おかしいですね。ヒメガミ様のおられるビルは引き払われてかなり経っている様で、周囲に人気など全くありません。それであるのにその様なコードが床面に巡らされているのは不自然でしょう。ここは何のビルなのでしょうか? 盗聴器越しでは判断しかねます。
「あんなー、このコード何か書いてあるんよ? え~と、何とか用~ケーブル~・・・ちゃうねん、見えるけど読めへんねん」
「ちょっと貸して。ええと、小さくて読みづらいよ・・・ Imp・・・・」
「こっちに何か時計もあるねん。動いてへんね?」
「・・・Implosion Pulled down(爆破解体)用ケーブル!? ルカ! その時計動かしちゃだ・・・」
「そうなん? じゃあそっちに持ってって・・あらー?」
   転倒、踏。起、動。
「踏んでもーた」
「あ~!!!! それ爆破用のスイッチなのに!!!」
「・・・ちゃうねん」
「とにかく逃げる!!」
  突然、ヒメガミ様は一目散にビルから飛び出てい・・・あら? 私めの足下がゆれ・・・!?

   振、動。爆発爆発爆発爆発、崩壊、崩落。


「・・・はあ、はあ。まさかビル爆破に巻き込まれるなんて・・・」
「でもけっこうスリリングで楽しかったやん?」
「貴女、一応わたしのボディーガードなんだよね?」
「うん、そうやよ?」
「・・・じゃあどうして逆に危険に巻き込まれているの!!! ・・・あれ? このビルって・・・」
「あ、一階はパン屋なんやな~。美味しそうや~♪」
「そっちじゃなくて、用があるのは上の探偵事務所だよ。いつの間にか目的地に着いてたんだ・・・」
「探偵に用があったん? ヒメガミちゃんなら自分の会社から頼めばええのに」
「いやちょっと個人的な用事だから、会社にバレたくないし。ここ、兄さんの友達がやっているらしいから」
「そうなんや~」

  ・・・くっ、私めとしたことが爆破に巻き込まれるとはいささか失態でした。しかしこれではっきりしました。あの神姫をヒメガミ様のもとに置いてはあの方の命が幾つあっても足りません。こうなれば尾行していた事がばれてしまうとしても、強行してお引取り願う他ありません。


  ようやくに追いつき、おぼつかない足でビルの階段を上ると、ヒメガミ様がみすぼらしい事務所のドアの前で立っておられました。
「あ、ここだね、松代探偵事務所って。・・・鍵がかかってるね。出かけちゃったのかな? あれ?何か、こげ臭い匂い、しない?」
「そこにネコ用の入り口あるから中見てこよか~?」
「うん、お願い」
  なんと幸運でしょう。丁度良くヒメガミ様とあの神姫が離れたではありませんか! ヒメガミ様! さあ、私めと帰りましょう!
「うわ!? やっぱり変態執事! 貴方あれほど尾行するなって言ったのに・・・」
  今はそれよりも貴方様の安全です! あの神姫と一緒に居れば身が持ちませんぞ!
「それはそうだけど・・・せっかくここまで来たのに今帰るわけにも・・・」

「ヒメガミちゃん、中は誰も居らへんけど、ガスコンロがボヤ出してるんや~」

「嘘!? それって大変じゃない!!」
  いい所で、間の抜けた声が邪魔に入りました。火事では放って置くことも出来ません。中の延焼はどれほど広がっているのでしょうか?
「あんなー、結構燃えてたみたいやけど、火は小さくなってんのやー。でも消火器がないねん」
「消火器ならこっちにあるよ! 鍵開けて!!」
「了解や~」
  また緊張感の無い声がドアの裏から返ってきます。しかし、かなり燃え広がった痕跡があるのに火が弱いとは? そう言えば、ロボットである神姫には呼吸は必要無い訳ですから、一酸化炭素には気付かないのでは? もしや・・・
「消火器持って来たよ! ルカ、ドア開けて!」
  駄目です!! ヒメガミ様、逃げ・・・

   轟、大爆発、爆炎爆炎爆炎、炎上。
「きゃああああぁあ!!」


「・・・あれ~? 何で爆発したん?」
  バックドラフト現象です。とっさに私めがかばったからいいものの、危うく、ヒメガミ様の美しい御身まで吹き飛ばされるところでした。
「ほっか~、危ないところやったんやな~」
  そんな呑気に・・・。大体貴女って、本当にに護り屋なのですか!?
「も~心配性やな~、ちゃんと実績あるんよ~。えっとなー、昨日は3丁目のシゲ爺と散歩したやろ~、一昨日は本町のウメ婆を病院送ったったし~、その前は隣町のヨシゾー爺とオセロやっとったりー・・・」
  ・・・それは、『護り』ではなく『お守り』では?
「ちゃうねん。人間の平和を護る、レッキとした任務や~」
 ・・全く違います。まさか、本当に勘違いであったとは。
「いや、ちゃうねん。ホラこれはきっと~、そう、暗殺者とかそんなんの仕業や~」
 それから護るのが貴女の仕事でしょう!! ああ、ヒメガミ様、お気づきになられましたか?
「・・・もう、嫌。社長になっただけなのに、何でちょっと外出するだけでストーキングされたり頭打ったりドブにはまったりビル爆破に巻き込まれたり焼け死にそうにならなきゃいけないの!?」
  それは社長になったのが原因ではなく、不可抗力で・・・
「なら、うちきは悪くないやん」
  いえそれもまた・・・ちゃうねん。
「もういいっ!!!!」

「こんなヒドい目に会うなら社長辞める~!!!」

   ちゃんちゃん?







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー