メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神姫の構造材をプラスチックでないものにする
そういう案は最初からあった
当然、現状の人工皮膚も純粋な意味でのプラスチックではないが
様々な試行錯誤の末現在の形に纏まったのだ
例えばそれはこんな試行錯誤である


「無題を冠した未完の彫刻」



「駄目です、制御失敗。自壊しました」
若い白衣の男が、淡々と告げた
報告を受け取る男は、若くも見えるし老けても見えた
渋い表情で画面を見る
無残な姿になった神姫が映っていた

構造材に自己修復能力と自己増殖能力を付与し、人体と同じように振舞わせる
そういうプランだった
だが、そのシステムの制御は困難を極めた
それでも何とか作り出したそのシステム、『G』は
バトルに臨み得る神姫にとって、非常に有用だった
当時、既に神姫に武装を施してバトルに従事させるということは行なわれていた
だが、その度に破損箇所を買い換えるのは面倒だったし、素材で解決出来るのならしてみようとしたのが彼らのグループだった
折りしも『武装神姫』のプランが本格的に始動していた
バトル向きに調整された武装神姫に、メンテナンスフリーの自己修復ボディ
まさにうってつけと言えた
副作用として、有機物的な特徴を持つ『システムG』は、神姫により人間に近い皮膚を与える事を可能たらしめた
だが、傷ついた体を修復しようとした時、どうしても必要以上に増殖し、宿主である神姫を破壊してしまう
既に十数体の神姫が犠牲になっていた
大手のスポンサーであった鶴畑コンツェルンも、そろそろ資金援助をやめようと動いていた

「短絡的に過ぎる・・・このシステムが完成すれば、神姫ばかりではない、人間にも大きな利益があるというのに」
実の所、男の真の狙いはそこにあった
「神姫と人間の境界は脳だけ」にしてしまう事
それ自体は、神姫の開発当初から目指されていた一種の目標地点ではあった
神姫は身長15センチの人間であるべく
遥か古代からの人類の夢、人造人間の完成を目指して
様々な倫理的、技術的問題から身長15センチに決定されたが、男はどちらかというとそれには反対だった
完成した人造人間に人間の脳を移植する
それによってより良い肉体を手に入れ、人類それ自体がより進化する
少なくとも男はそう信じていたし、『システムG』を装備した神姫はその試金石になる筈だった
男は自分自身が人間を越えたかったのかもしれない
いずれにしても、現状の『システムG』のままでは、少なくとも人間に使用する事などとても出来なかった
開発チームも解体される時が近付き、資金援助の減少、チームの縮小等から、徐々にスタッフの士気も無くなり、気も緩みつつあった
そんな時期だった
暴走し、異常増殖した『G』の組織に、生物が触れると融合する性質が明らかになった
否、厳密に言えば、過失から、人間と『G』の強制接触が行なわれたのだ
結果は、恐るべきものだった
『G』と融合した人間は、禍々しい「なにか」に変貌し、暴れ狂ったのだ
しかも、そのスタッフは自らの意識を保ったまま、超細胞に取り込まれたのだ
結果そのスタッフは恐慌から暴挙に出たのだ
その事実を示すデータは残っていない
その日スタッフの一人の始末し損ねたぼやで、研究所は火に包まれたからだ

誰一人、生きている者の居る筈が無い程徹底的に、一切合財が炎の中に消えた
スタッフの遺体は、殆どが原形も留めず、パーツも足りなかった為、正確な人数を確認する事も適わなかった
研究所で使われていた、旧式の動力炉が、危険な可燃物質を含んでいたか何かだったのだろう
調査は深く為される事は無かった
だが、僅かに残ったものがある
部署が縮小されるに際して、他部署へ異動になった者の発言だ
曰く、「原型となる細胞質からクローン培養して、それを宿主神姫のAIの不随意領域で制御させていたんです・・・原型細胞がどこから入手されたのか、少なくとも私は知らないですね」
いずれにせよ、神姫に人間を越える肉の器を与えようとしたこの研究は頓挫し、神への道は遠ざかった






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー