メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Elysion 第0話 「序章」


Back:-------------------- | Elysion トップ | Next:第1話「邂逅」


千葉、幕張 新東京神姫センター、
今回はその2階の片隅に置かれた1台の特殊筐体に纏わるお話・・・・


半円形の立体ディスプレイには、剣を握った右手をだらんとおろし、
もはや立っているのもやっとのハウリン型神姫、その四方はほぼ等しく距離をあけて
4体の無傷のダミーが包囲していた。
それでもなんとか剣を握りなおし、正面の敵に斬りかかるハウリン。
同時にダミーはそれぞれ違う武器を構え、次の瞬間・・・・!

「だぁ~~!やられた~~~!」
「あ~~行けると思ったのにな~」
「やっぱ、ダミー10体はきついぜ・・・・」
「よし、次は俺だ俺!」
「おぉ~~行け行けぇ~」

その様子を、隣接する喫茶室では1人の女性と1体の神姫がモニター越しに眺めていた。


カランカラ~ン!

「あ、いらっしゃ~い」
「こんにちは留美(るみ)ちゃん、コーヒーお願い♥」
「は~い」
そう答えて、喫茶室のマスターである留美は手早くオーダーに取り掛かった。

「どう?見つかりそう?」
「ううん・・・・全然ダメ」
「そう、気長に待つしかない・・・・・か」

モニターの中では、次の挑戦者のストラーフ型が3体のダミーを残してポリゴンの塵になった。


「お待ちどうさま、(はるか)さん」
「ありがと・・・ところで琥魅瑚(くみこ)、あんたはクリア出来るの?」
「もちろん出来ますよ~、私も伝承者ですから」
琥魅瑚と呼ばれた白い神姫が答えた。
「あんたんとこの旦那の闇捌(やみさばき)は、テストでクリアしてたから当然か」
「博士のリリカちゃんだってクリアしてますよ~」
「留美ちゃん、それ本当?あの拳銃ヲタクが?」
「ええ・・・本当です」
「さすが・・・ショウちゃんオリジナルのワンオフモデルってとこね」
その時、2人の間にモニターを見ていた琥魅瑚がスーッと割って入り、
「母さまモニターを」と促した。

モニターに映ったのは、10体すべてのダミーを倒したサイフォス型神姫の姿だった。

「留美ちゃん、いよいよ第二ステージね・・・・」
「うん、でもダメ・・・あの子じゃアレは斬れない・・・・」
「どうして?」
「力任せでは剣が折れてしまうもの・・・・・」
その言葉通り剣は折れ、武器を失ったサイフォスは成す術もなく戦闘終了となった。


「ところであの魔剣、いったい何本あるの?」
「神剣ですよ、遥さん。」
「あらミッチ~、いつの間に♥」
いつの間にか、カウンターに眼鏡を掛けたひとりの男性が入ってきていた。
「遥さん・・・その呼び方止めていただけませんか・・・・」
「イ・ヤ・・・・で、留美ちゃん何本?」
「いま完成してるのは3組ですね」
「組?」
「二振りでひとつのもあるので」
「ふ~ん、早く新しい伝承者見つかるといいわね・・・」
"ビーッ"
会話を遮るように、モニターのスピーカから小さく短く、かつ耳障りな警告音が鳴った。
そして、モニターの向こうにはダミーを1体も倒せず強制終了となった神姫の姿があった。

「おや?」「あー・・・・」
「あんた達・・・・今のは?」
「たぶん、ハッキングでもしようとしたんじゃない?」
「はぁ・・・・やれやれ、店に戻りますか。」
そう言ってミッチーことみつるは、1Fへと戻っていった。
「アレ・・・・何か仕込んであるの?」
「ええ・・・・凄いのが・・・・」
「やっぱり・・・・・」


その後も暫くモニターを見ていたが、結局第二ステージをクリアする者は現れなかったようだ。
遥は腕時計をチラリと見遣って、席を立った。
「さてと、私はそろそろ仕事に戻るわね」
「あ、はい~」

カランカラ~ン!

「いらっしゃ~い」
遥が店を出た直後、入れ違いで常連達がやってきた。
ちわ~す・・・・・こんちわ~・・・・etc
琥魅瑚が一通りオーダーを受け終わると、件の筐体の話題に。
「留美さん・・・・あの筐体何です?」
「ああ・・・あれねぇ」言いながら、少し困ったように微笑んだ。
「俺ら何度やってもクリアできないんすよ・・・・・」
「なんとか攻略できないっすかね?」
「あなた達はやってみてどうなの」
琥魅瑚も、どこか楽しそうに会話に参加する。
「ダミーで全力を使っても勝てないです・・・」
「そこで留美さんと琥魅瑚姉さまに教えを受けようと・・・・」
留美はどうしたものかと少し悩んだ様子だったが、
「あれって・・・・百合原(ゆりはら)グループの選抜試験筐体なのよ」
ええええええええぇぇぇ~~
「じゃ・・・あれって・・・」
「そ・・・新装備モニター選抜試験筐体・・・・・・はい、おまちど~」
い・・・いただきます・・・・・・・
「で・・・気になる豪華商品って新装備だけ?」
「違うわよ~、百合原グループのフリーパス付き」

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「母さま、皆さんが固まってます」

「ちょ・・・・ま・・・・って事は・・・・」
「アレをクリアしたら・・・・サードでも・・・・」
「そ、ファーストのトップランカー待遇」
えええええええええぇぇぇぇ~~~~~


そして、時は流れて閉店時間・・・・・・・・・・・・

「母さま・・・・・いつか現れるでしょうか?」
「そうね・・・・現れるといいわね・・・・・あの子達の為にも・・・・・」

見つめるモニターの先には、あの筐体があった・・・・・・
まだ見ぬ伝承者を待つその筐体はフロアの隅に佇んでいた・・・・・・


Back:-------------------- | Elysion トップ | Next:第1話「邂逅」

このページの訪問者数: -





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー