メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Elysion 第1話 「邂逅」




2037年、4月のある日

思いがけず臨時収入を得た私は、何を買おうかネットで検索しながら悩んでいた。
(無くしたと思っていた随分前のバイト代が、まるまる雑誌の中から出てきたのだ!)
2~3時間ほどあちこち調べて回ったものの結局あまり良い物が見つからず、
今日のところはもうパソコンを消して明日お店を回る事にした。


-そして朝

駅前のショッピングセンターに向かう途中、奇妙なお店(?)を見つけた。
「新・・東京・・神姫センター・・・・?」
ここは幕張、れっきとした千葉である。
まぁ、千葉なのに東京とつくのはけっこうあるので今更ではあるけどね。
なんてことを考えながら苦笑していると、
「あ、お客さんかな?」
声のした方を見ると、そこには15cm程度の小さな人形が浮かんでいた。
「し・・・神姫・・・・?」
私は神姫を初めて間近でみて驚いた・・・・・
「か・・・・かわいい・・・」
「あはは、ありがと~♪もしよかったら中見てかない?」
私は誘われるままお店の中へ入った。

「父さま~お客さんだよ~」
「ああ、いらっしゃいませ。闇捌(やみさばき)ご苦労さま、そろそろ上を手伝ってあげて下さい。」
「は~い」
闇捌と呼ばれたその子は、階段を無視してスィーっと2階へ上っていった。
(うわぁ~、神姫ってあんなにかわいいんだ・・・・これは他のも見てみたいかも♪)
飛んでいった神姫を見送って、店内をキョロキョロと見回す。
「何かお探しですか?」
「あ・・・あの・・・し・・・神姫を見せて下さい・・・」
「ではこちらです」
先刻の神姫に父さまと呼ばれていた男性店員が示したカウンターの中には、様々な神姫が入っていた。
(あ、これはさっきの子だ・・・ああ、この子もいいなぁ・・・)
真剣に見ている私の邪魔をしない様に、店員さんは作業を再開した。

どれも可愛くて、本気で迷ってきた。
そうしてふと顔を上げると、店員さんが何やら唸っている。
「どうしたんですか?」
「いや~、入荷した商品のなかに仕入伝票に無いものが紛れていて・・・チェックし直していたんですが・・・・」
「それは?」
「今度発売の新型素体・・・ですね。ちょっと問い合わせてみますか。」
店員さんはそう言うと、どこかへ電話を掛け始めた。
(わ・・・この子・・・かわいい・・・!!)

どうやら私がその子に見惚れている間に、店員さんの電話は終わったらしい。
「どうでした?」
「ああ、店舗用のサンプル扱いにしてくれって事でした。」
「そうですか・・・・商品ではないんですか・・・・」
(そっか・・・商品じゃないんだ・・・・残念・・・)
「この子が気に入りました?」
「え・・ええ・・・でも・・・・・」

そこへ別のお客さんが入ってきた。
「こんちわ店長~・・・お、新商品?」
「おや(しげ)くん、いらっしゃい」
「え・・・店長さんだったんですか!?」
「あはは、やっぱそう見えね~よな~」
「秀くん・・・・・」
恨めしそうに睨みつける店長さんをさっぱりと無視して
「ねね・・それ、俺に売ってくんない?」
「ダメですよ」
「なんで?」
「このお客様と交渉中ですから」
「えっ?」
「そうですね、基本装備も無いのでクレイドルをお付けして・・・これくらいですね」
店長さんが差し出した電卓の数字を見て
(この値段なら買える・・・!)
「いかがですか、お客様?」
「買います!」
もちろん即答。
「ありがとうございます、それではこちらの会員登録書にご記入下さい。本体ご購入なので登録料はサービスとなります。」

私が一通り記入し終わったことを確認すると、店長さんは続けた。
「では入会特典として、こちらから神姫用の服をお選びください」
その言葉を聞いて、奥のショーケースをぶらぶらと見ていた秀さんが突然話に割り込んできた。
「ちょっ!ちょっと待て!・・・俺が入会した時そんなん無かったぞ?」
「秀くん・・・ちょっとあちらの張り紙を見てもらえませんか・・・・」
「ん・・・・何なに・・・・『神姫に服も持たせないで売るなんてこの変態が~』!?」
「・・・・だそうです。でも毎回サービスしていては儲けが出ないので、入会特典って事で妥協してもらいました。」
「あ~・・・・留美(るみ)さんにゃ、逆らえん・・・」
そのやり取りを上の空で聞きながら、私は2着の服を前に悩んでいた・・・・


「お決まりですか?」
ウンウンと悩み続ける私の様子を見かねたのか、店長さんが私に声をかけた。
「あ・・はい、こっちで(くぅ・・あっちも良かったなぁ・・・・)」
意を決して私は1つを指差したのだけど、店長さんは商品の入った手提袋に手早く2着とも入れて手渡してくれた。
「あ・・あの・・・」
私が何か言おうとすると、店長さんは人差し指を唇に当てて微笑み、軽くウインクをした。
「父さま~、お手伝い終わりました~」
「あ・・闇捌、こちら新会員の宮永香織(みやなが かおり)さんね。」
「あ、さっきのお姉さん、お買い上げありがとうございます~」
「マニュアルが付いてないので簡易マニュアルを入れておきましたが、何か解らない事があったらすぐにご連絡ください。」
「あ・・はい・・色々ありがとうございました~」
「またのご来店をお待ちしております~」
そうして私はお店を後にした・・・・

手にした袋の中を覗き込むと、さっきのあの子が眠る様に入っていた。
その手提袋の表書きには・・・・
「あれ?喫茶&MMSショップ エリュシオン??」
新東京神姫センターじゃ・・・・・?
振り返ってお店の方を見ると、新東京神姫センター・・・・の横にくっつく様にエリュシオンのお店があった。


「ふぅ・・・どうもメカに弱いなぁ・・・・明日誰かに相談してみよっかな・・・・」
家に帰りマニュアルと格闘し、エリュシオンの店長さんにさっそく電話で相談したりして・・・
なんとか初期設定を終わらせた頃には、すでに夕方5時。
そうして、私は一息つく間も惜しんでこの子を起動した・・・・・

「ん・・・んん~・・・・あ、はじめまして・・ボクはエウクランテ・・・貴方はマスターですか?」
「私は宮永香織、香織って呼んで」
「マスター登録完了・・・・カオリ、ボクに名前をつけて♪」
「ん~~・・・・リルハ」

そうして色々な事を話した・・・今日出会った人の事、家族の事、友達の事、学校の事、憧れの人の事、
 ・・・・・時間を忘れるくらいに楽しかった
「香織~ご飯よ~~」
「あ、は~い・・・おいでリルハ!お母さんに紹介するから」
「うん!」

こうしてリルハとの辛く楽しい生活が幕をあける・・・・・・・


その頃、エリュシオンでは・・・・

「父さま~発注業務終わったよ~」
「闇捌、エウクランテ用基本装備と正規マニュアルを追加しといてください。」
「あ、あのお姉さんのだね」
「多分、必要になるでしょうから」
「浮気~?」
「違います!」
「あはは、りょうか~い」
「・・・・・浮気って何・・・・・?」
「る・・・留美さん・・・・!」
「母さま・・・・・!」
「二人とも、ちょーっとお話を聞かせてもらおうかしら・・・・・」
「・・・・・・・・・はい・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・はい・・・・・・・・・」

こうしてエリュシオンの1日が幕をおろす・・・・・・・



このページの訪問者数: -





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー