メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幕間ショートショート「背負う御旗」



 響き吹き抜けるが如き一迅に、どうと倒れ伏す音が重なる。
 倒した敵が消えていく姿に目をくれず、鎧を差し込む月明かりに照らし、彼女は為虎添翼を鞘に収めた。
 飄々と抜ける風の音。その面を上げればざわざわと、闇に溶け込む草の声。
 篝火にぼっと火が燈り、周囲の闇に更に濃い、闇色の影を落とし込んだ。

 火が照らすは紅鎧。髑髏の面を諸共に。黄金色に輝く鍬形が、灯の色をただ照り返す。喉輪を引き下げ面頬を外し、新たな敵を呼ぶであろう、その篝火をしかし消そうともせず。その涼やかな黒眼と横顔を白と黒とに染め上げる。
 近場にある岩に腰を下ろし、目を瞑り草音に耳を傾ける。
 ただ揺れていた草々が一斉に口を閉じ、新たな気配の侵入を呼ぶ蠢きへと声を変えた。

 何が来たか。

 彼女はそのままの姿勢で背負う破邪顕正に手をかける。脇に抱えて目をこらすが、灯が作る影は夜の闇より遥かに濃密で光そのものを吸い、塗り潰す。

 否、何が来ようが構うまい。

 その細い目を流し向け、槍を引き絞り投げつける。ごうっと音を立てながら、槍は篝火台を薙ぎ倒し、その先の木々の幹に突き刺さった。
 揺れる樹とその葉々。ぎぃぎぃと耳障りな声を上げ、一斉に逃げ飛ぶ夜目利かぬ鳥共。彼女は傍らに置かれた面を拾い上げ、照らされた精悍な瞳を自ら隠した。
 柄に手をやり一度指で絞る。足を踏みて、じゃりっと鳴りしは黒土か。もしくは朱雀の羽色の臑当か?
 火の粉が散り上がる闇の中。溶け出すように、その姿が浮かび上がった。
 闇色の甲冑に身を包み、巨大な脚と腕の異形。異形そのものを影として、生まれ出でたは悪魔の姿。その四を数える腕それぞれに剣を有し、照らし上げるはぎらぎらと、輝く刃も影の中。
 それでも一種鮮やかな、その色彩無き色合いは見えるがように。

 相手にとって不足無し。

 刀が白銀色の光を散らし、抜き放たれる。
 びょうっと風が吹き抜け、金の火の粉を舞い上げた。

 して、それで折れるか?

 巨大な脚で地を蹴り上げ、ぐねりと曲がった剣刃を振りかざし、悪魔が狂気を声に込め襲い掛かる。
 火の粉の光、蛍を思わせるその灯の欠片が髑髏の面を僅かに焦がす。流麗なる瞳はただ己が信ずる物を見つめ、眼前の悪魔のその先に視線を向けているかのように。

 月下に舞いし白刃一閃。切り払いの轟音が、幾度となく闇を揺らす。
 振るう剣は四と一。手数で勝る悪魔の剣が、真紅の鎧に刃を打ち付ける。だが彼女は退く事無く。その卓越した剣捌きにて致命傷を全て受け流す。

 その程度では折る事は出来ぬ、我が旗を。我が背負いしこの旗を。

 敗れる事を恐れはしない。
 退く事こそが、その旗を。それそのものを折る事と知れ。
 弾け飛ばされた面。勝利を確信した悪魔。そこに生まれた刹那の隙。かっと見開いた眼に敵は気付く暇さえ無く。左の逆手で抜き放った怨徹骨髄の一撃は、逆袈裟に悪魔の胴を薙ぎ斬った。
 信じられぬといった顔のまま、消えゆく悪魔の姿を見届け、彼女は舞い散った火の粉の中。その傷ついた鎧を照らし上げていた。

 顔を上げる。闇がとうとうと支配する月夜は未だ明ける気配はない。
 夜が続く限り、尚も敵は彼女に襲い掛かるであろう。今もまた、新たな敵の気配が影となりて蠢く。
 彼女はゆっくりと。その新たな敵に向き直った。

 推して参る!

 と高らかに、響く声さえ、ただ凛と。
 振るう剣戟無双の極み。真紅の鎧に身を包み、死地に誘う髑髏の面を傍らに。

 闇に潜みし有象無象。万象さえも、我が一刀に断てぬ物無し。
 胸に抱きし意、それこそは。決して退かぬ事と知れ!
 その先にある勝鬨は、我が為の光などではない!

 背負う御旗は、主が誇り!


 侍、紅緒。此処に在り。



 了。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー