メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自分は何のためにここにいるのだろう。
自分は誰かの役にたてるのだろうか?
自分は居なくてもいいのではないか?

それが、私、碧鈴の、現在の迷いである。



低音、高音。
聞こえる音は、全て雑音。
絶叫じみた音楽からはなれ。
たんすの上で、そらを見上げる。
「はぁ……」
出るのは何度目かしらないため息。
考えるのは、自己の存在。
思うのは、大切な「あの人」
後天性オーバーロード。
耳の聴覚センサーの異常発達。
制御不能の雑音拾い。
それが、私。
「どーして、こんな私を……」
尻尾を垂れて、ぶんぶんと振っている。




「……参ったなあ」
頭を掻く俺。
「どーした、金欠かえ?」
見つめるは白い悪魔、ディス。
「あーそーですよ、誰かさんが《魔剣》なんて買うから
 あのときのバイト代と俺の貯金の大半を吹っ飛ばしてくれましたよね貴女っ!!」
ちょっと苛立って、鳳凰杯のことを回想。
このディスは、いつの間にか俺の財布からカード抜き取って買い物してくれました、自分の欲しいものをっ!!
まあ、碧鈴に《ALChemist》の、フィオラを買ってやれたので良かったのだが。
「天剣絶刀の事は、儂が体で払ってやろうと言っ「良いから黙れ色欲神姫っ!!」
挑発するような上目遣い、で妖艶な動きをするディスに、取りあえず突っ込みを入れておく、言って置かないと、本気でやりかねん。
「……まあ、言わずとも判るが」
なら、最初からネタを混ぜないで頂きたい。
「キャラ付けの問題じゃからな、しかたない」
「メタねたは嫌われるからやめなさい」
「それはそれとして」
「スルーか貴様」
一連のボケ突込みを終え。
「碧鈴の事であろ?」
「まーな、言わなくても判るとは思うが」
と言うかアレで判らないのは本当に馬鹿かアレな人だと思う。
「儂にいい考えがある」
どこぞの司令官風味に告げるディス。
「……大丈夫か?」
「なあに、任せるが良い」
にやり、と笑う、ディス……いや、本当に大丈夫か?


「……あれ?」
ふと気づく、周囲の生活している《音》が聞こえない。
テレビの音も、PCのファンの音も、人の歩く足音も……足音も?
「……!?」タンスから降りる、周囲を確認する。
テレビも消えている、出て行った形跡があるなら、わかる筈……
《耳》を澄ます、聞こえない……ここには居ない。
置いて行かれた?……まさか捨てられる?


嫌嫌
嫌嫌嫌
嫌嫌嫌嫌
嫌嫌嫌嫌嫌
嫌嫌嫌嫌嫌嫌ぁぁっ!?
やっと大切に思える誰かが居て、それを、離したくないっ!!
慌てた状態で、ふと視線を机に向ける。
一枚の紙がひらり、と眼前に。

『チチキトク スグカエレ』

「……」
無言で破く、とその中に丸めた手紙が入っている。
えーとなになに
『お前のオーナーは預かった』
『助けて欲しければ、21時にエルゴまで来るが良い』
『なお、こなかった場合、マグロ漁船に載せるのであしからず』
『D・S』

「21時……」現在の時計確認、19時半、飛行ユニットを用いて移動するのに20分程度。
「……よし」現在のバッテリー……そんなに動いてないので一メモリ半程度の減り……ならば
ぎりぎりの時間に設定して充電しなおす、何があるか判らない。




暗い店内、一人の大きな影。
そしていくつかの小さな影。
「なぁ、これで成功すんのか?」
大柄な背部ユニットを背負った影。
「へっへー、僕らに任せておけば、一件落着全部解決間違いなし、だねっ」
髪を二つに分けた、着物を着た影。
「……呼ばれてみれば悪役、ねえ?」
気だるげな、それで居て余裕が感じられる、片目に赤い眼が光る影。
「エレガントとは言いかねますが……悪らしい仕事ではあります」
手には槍を、背中にはマントを揺らす、いや揺らしてるのはぷちだけど。
「あー、何かすんません……大事に」
「どーんと構えておれ、荒療治だが……これなら確実じゃよ」
不敵に、しろいあくまが微笑んだ。

徒然続く、そんな話。 第八節
彼女が隣で歩くとき 節終


続く  戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー