メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 津軽弁を排除したサビ抜きバージョンです(サユリの1人称のみ「わー」のままです)


  昔々・・・ではなく2036年の事でした。あるカラオケ屋にとても変な神姫が居りましたとさ。どれだけ変なのか~って言うとこんな感じでした。


〔割と久しぶりだわ、カラオケなんて。そう言えば新曲で歌いたいのがあったのよね。とりあえず副部長、お酒頼んで〕

{部長部長!! 一応サークルの新人歓迎会だって忘れないで下さいよ! あ、キミたち、食べたいものがあったら好きなの頼んでいいですから}

「・・・私、人前で歌うのはあんまり・・・」

[新入りちゃん、大丈夫だって。聞いてるだけでも、今宴会用のパーティーグッズだか何だかも頼んだからちゃんと楽しめるって!]

〈ちょっとセンパイ・・・そういうパーティーグッズって大抵イタいコスチュームとかしょうもない玩具とか、最初は勢いで楽しんでも2度と使えなくて、しかもこういう所で頼むとぼったくりな料金取られますよ!?〉

[そっちの新入りはツッコミきついな~。いいじゃねえかよ、意外と面白いのが出てくるかもしれないだろ?]

『そうよっ!! 面白ないかは見てから決めてなさいっ!!!』

{いきなりマイク最大で喋るのは誰ですか! あ、人形?}

〔武装神姫じゃないそれ? 着物着てるけど、確かツガルタイプね〕

〈武装神姫って・・たしかマニアックな玩具でしたっけそれ? 良く種類まで知ってますね〉

『オモチャとは違うわ!! わーはさすらいの神姫演歌歌手、サユリちゃんよ!! まずは1曲聴いてくださいっ!! “津軽海峡冬景色”! ~♪ ~゛♪゛♪~』

[なっ!? 演歌ぁ!? いまどき演歌なんてジジイでも歌わねえのに、そんなんで盛り上げようなんておこがましいぜ!! 俺の“B’zの新曲”でも聴いて考えを改めな!! ~゛♪゛♪~!!]

『へー、言だけあってとても気合入った声してるわね。けれど歴史の浅い歌では重さが足りませんよ!! 真の歌っていうものは今の時代に聞いても凄く涙出るものなのよ。それとも古い歌なんて今の若い人は知らないの? 格好悪いわね! “淡墨桜”!!  ~~♪♪!』

[B‘zの歌が軽いだと!? 古い歌知らねえだと!? そんな減らず口、この歌で塞いでやる!! “ギリギリchop”!! ~゛♪゛!!♪♪♪!!!~]

「・・・“Top of the World”歌います。~~♪~♪~♪~」

〈ああもう・・・、歌えばいいんでしょうが!! “Imagine”!! ~~~♪~♪♪~〉

〔へえ、意外といい歌知ってるじゃない2人とも。これは演歌ちゃんだけじゃなく、新入りちゃん達にも負けていられないわね! “みかんのうた”行くわよ! ゛♪゛♪゛♪~ ゛!゛!゛!~〕

{ああもう部長まで挑発に乗って、これでは収集が・・・}

『黙りなさい!! オケ屋なんて暴れて歌うトコでしょう!! ぐだぐだ言ってないで歌いなさい! “鳳仙花”! ~゛!! ♪♪~゛♪~』

{歌わないとは言っていません!! “脳内モルヒネ”、歌います・・。 ♪~! ♪♪~♪~}

〈次は“ピンクスパイダー” !!!♪♪~♪!!〉

「・・・“fly me to the moon”  ♪~♪♪~♪ ♪♪~」

〔皆、古い歌しばりでもレパートリーあるのね。“石川大阪友好条約” ~♪ ~!! ~♪♪〕

[“DA・KA・RA・SO・NO・TE・O・HA・NA・SHI・TE”だ!! ♪~♪♪ !!!~♪]

{“月に叢雲花に風”、歌います。 ~!!!~♪~!!!~♪♪}

『“夕焼けとんび”です!! ~~~~♪♪~~!!♪~』

[次は“LADY NAVIGATION”を・・・]

〈センパイ、俺の“lithium”が先です!! 大体、70過ぎても現役ロッカーな物好きの歌ばっかり歌わないで下さいよ!!〉

[B’zをバカにするな! 大体お前だって自殺とか殺されたりした奴の歌ばっかり歌ってんな! 辛気臭い!!]

〈なっ!? 別に歌は辛気臭くないんだからいいじゃないですか!!〉

『どうしたの、歌の趣味なんて人の好きじゃない?』

〔ねーねー、折角だから皆で“青のり”歌わない?〕

[{〈『それは却下!!!!』〉}]


  こんな風に、それはそれは迷惑な位古い演歌に情熱を注ぐ変わり者さんなのでした。




「ありがとうね~♪」
「有難うございました~♪ ・・・あ~ふわぁ~、眠ぃ、朝になってやっと閉店、これだからオケ屋のバイトってのは・・・」
  サユリと歌ってた最後の客を見送ってから、マツケンが大きなあくびをすると、それを聞きつけて、奥からみりーも顔を出しました。2人ともサユリの同僚のアルバイトでした。
「マツケン君、最後のお客、随分盛り上がってたみたいだね」
「あ、みりー。それはこいつが居たからだよ」
「ああ、サユリちゃんか~。どうりで古い曲ばっかり聞こえてくると思ったら」
「久しぶりに、なかなか骨のある客だったわよ」
「珍しく、怒らない客だった、だろ? 毎度お前が古い歌で引っ掻き回した客の応対誰がしてると思ってるんだよ!!」
「でも結構サユリちゃんの売り上げ多いよ?」
「・・・珍しがってるだけなんだよ」
  マツケンが睨んでも、サユリはなんとないわと鼻で笑っってました。

「さて、大分バイト代も溜まったから、わーはまた旅に出ようっと」
「へ? 旅って、もう出て行くのか?」
  片づけを始めたマツケン達を尻目に、いきなりサユリは宣言しました。いつの間にかその体には大きな風呂敷も背負って旅支度まで済ませていたのです。
「え? サユリちゃんてこの店の神姫じゃなかったの?」
「ああ、こいつは俺たちと同じバイト」
「マスターも無しに?」
「なんでか知らねえけど、そうらしい」
  みりーは先週からだったから、サユリの来た1月前のことは知らないのでした。
「ふらりとやってきて、いきなり1人で『住み込みで働かせてくれ~』とか言って押しかけて来たんだよこいつ。最近じゃ路上ライブも取り締まり厳しいからとか何とかで。で、物好きな店長が宴会要員として採用しちゃったんだよ」
「物好きなんて言うんじゃない!! わーの心意気に惚れ込んだから店長は雇ってくれたのよ!!」
「いや心意気はともかく野良神姫の飛び入りバイトなんて雇ったら十分物好きだろ大体お前演歌しか歌わねえし・・・まぁ、上手いとは思わなくもな・・」
「ねえ、ところで旅って何処へ行くの? 何が目的?」
「わーの師匠の親戚を渡り歩いているのよ」
  マツケンの声を遮ってみりーが聞くと、サユリはそう答えていました。師匠って言うのはサユリのマスターの事だそうです。
「なんだ、野良じゃなくてはぐれた神姫だったのか。その師匠・・マスターを探して歩いてるのか? 何ではぐれたか知らないけど」
「だったらマツケンのお兄さんに探してもらったら? 確か元刑事だとか探偵だとか何とかじゃなかったかな」
  みりーの言う通り、マツケンの兄は私立探偵をしていました。まーその欠けたハサミみたいな探偵の神姫に引っ掻き回され人生っぷりは別の話で見て下さい。しかし、みりーの提案にも、サユリは首を横に振ったのでした。
「違うわ。わーは別に師匠とはぐれた訳じゃないの。自分で旅に出て、修行してるのさ」
「修行!? 演歌の!?」

「わーは昔、さんざん「時期ネタ」だって虐められたのよ。サンタなんて「残りの364日はプー」なんて色々言われてねえ」
「あ~、俺も言ってたな。ツガルタイプはデザイン優先で使えないとかクリスマス以外の日にサンタが居てもありがたみが無いとか一人だけ元ネタありでデザイナーからゴリ押しで入れられた邪道だの色々。本人に言われると罪悪感沸くなあ」
「なら罪の償いに死んでくれない?」
「さらっと言うな酷いコト!!」
「それは冗談だけれど、実際それでわーはとても落ち込んでね。それを見てわーの師匠はこう言ったのよ。『一日だけでも、毎年喜ばれるならいい』てね。わーの師匠はたった1日の出番の日に、悪者になって豆弾を投げつけられるんだそうよ。それだけでなくてね、師匠の親戚は葉っぱで目潰しをされたり、初嫁や子供に挨拶しに行っただけなのに脅迫や誘拐に勘違いされたり、ただ笑っただけなのに「何をあざ笑ってるんだ!!」って非難されるって言ってたわ」
「でも実際悪さしてたんだろ? それだけ憎まれてるんなら」
「それはごくごく一部だけよ。殆どは昔良かれと思って始めた事なのに、皆が昔の事忘れてしまって全部悪い方に勘違いされてるのよ。それだけならまだ良かったんだけど、その風習自体ももう忘れられてしまってきていて、覚えも貰ってもいられなくなっているの」
「そんな・・・師匠さんの一族って可哀そう」
「ああ・・・ うん・・?」
  みりーもマツケンも不幸なサユリの師匠を哀れんだのえした。けれどもマツケンはその師匠のことで、何か引っかかるとも思っていたのでした。
「けれども師匠はこうも言ってたわ。『だけど、俺達一族のやっている事は、関係ない、意味無いと言われても最後には人の幸せに繋がる事だから誇りを持っている』ってね。わーはその言葉にとても心打たれたわ」
「あ、なるほど。“風が吹けば桶屋が儲かる”の理屈か」
「え? 天気悪いと客足引くじゃない?」
「いやオケじゃなくて桶。風呂桶の桶だって。嫌な事が関係ないように見えて良い事に繋がってるってことわざ」
「そうよ、だからね、わーはそんな風に迷惑って言われても自分のやる事誇れる者になりたくて諸国巡りしている訳なの」
「そうか、だからわざわざ今では廃れて無意味で陳列棚の邪魔者って言われる演歌で身の上を立てたりしてるのか。神姫の癖に見上げた根性だよ、ホントに」
「いや、演歌は趣味だけど」
「話の腰折るなよ」

「それじゃ、そろそろわーは行くわね」
  そう言ってサユリは風呂敷を背負って立ち上がりました。
「ホントに、言っちゃうんだね。それじゃあ、次は何処に行くの?」
「次は師匠の故郷に寄るのよ。京都の大江山なの」
「え? 大江山?」
「そう。師匠はそこに居ないけれど、集落には仲間が沢山居るって話よ」
「そっか、早く師匠さんに自慢できるようなオケ屋になれるといいね」
「ええ、頑張るわ。それじゃ、短かい間だったけれどがありがとうね。さようなら」
「うん、元気でね~!!」
 朝日が、その小さな後姿をかき消したのは、ほんの一瞬のことでした。


「・・・ねえ、マツケン君、何か考え込んでるみたいだけど、どうしたの? サユリちゃんが心配?」
「いやさ、豆投げるのって、節分だよな? 最近あんまりやらないけど」
「・・・え?」
「節分の魔よけのヒイラギは目潰し用だって言うし、子供を追い回すって言うとなまはげ。来年の事を言うとアレが笑うってことわざもある。極めつけは京都の大江山って酒呑童子伝説の場所なんだよ」
「え、それって、もしかして、時期ネタで苦しめられて昨今忘れ去られてるってまさか・・・」
「いやでも・・・実在するなんて・・・ちょっとなあ、にわかに信じがたいってか・・・」
「・・・今度サユリちゃんに会ったら聞いてみるしかないよね」
「・・・また会ったら、な」

  その後も、マツケンとみりーは神姫演歌歌手の噂は何度か聞く機会がありました。けれども、サユリとまた会うことは2度と無かったのでした。めでたしめでたし(?)。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー